都議会の大物議員「平場」発言に激しく脱力する --- おときた 駿

2014年09月17日 20:13

本日は都議会秋の定例会初日になりますが、またも本質とは違うところに注目が集まっており、本当にお恥ずかしい限りです。

<都議会>やじ問題で超党派議連再開 会長発言に疑問も

127名中100名以上の都議会議員が参加して発足した

「男女共同参画社会推進議員連盟」

この会長に就任した大御所議員が、今回の都議会ヤジ問題の本質は単に「議場で発言したこと」であり、

「結婚したらどうだと、平場なら僕だって言う」

という認識を示す発言をされたという、どこから突っ込めばいいのかわからない事態です。


私はこの内容と発言した議員について、大きく2点の問題があると思っています。

・「結婚したらどうだ」という発言自体は、すでに現代社会ではセクハラであること
・会長職にまである議員が、記者とカメラの前で「平場なら~」と発言したこと

前者については、もはやありとあらゆる有識者たちが総突っ込みしているので、ここでは割愛します。

もちろん思想の自由があるので、どう考えるのも個人の自由です。それを本当の身内の中で話し合うのも、まああり得ることでしょう。

ただ、どう考えても記者やカメラがいる取材の場は「平場」ではないはずです。そのような場で、前置きしながらも「平場」や「完全なプライベート」で言う発言を公然と言い放つ神経は、もはや私には理解できません。

10万人に1人しか存在しない東京都議会議員、しかも期数を重ねたベテランですらこのレベルでしかないことを、残念ながら都民の皆さまにはいま一度認識していただかなければならないのかもしれません。

なお、総議員の8割以上が加入して発足したこの男女共同参画議連ですが、私は現段階で加入しておりません。

いかにも

「とりあえず、こういう『入れ物』をつくって、やってるフリをしてればいいんだろう?」

という思惑を強く感じてしまい、この存在自体に疑問を覚えたからです。
(もちろん、この議連をしっかりと運用して、男女共同参画のために真面目に取り組もうとしている議員さんもたくさんいらっしゃるとは思います)

議連の活動にはお金も時間も割かれますから、まずはしっかりと活動の方針や内容を確認してから加入の是非を決めよう…と考えていた矢先の、この出来事でした。

00001

ずいぶん前にご紹介いただいた新聞記事になりますが、まさに「ヤジに潜む意識こそ問題」なのです。
(リンクで大藪順子さんの記事に飛びます)

本件は発言した議員の謝罪や交代で解決する問題ではないと思いますので、まずはこうした「価値観」がメンバーにすら蔓延している苦い事実を直視し、有識者を招いた勉強会の開催など着実な運営されることを期待したいと思います。

舛添知事の所信表明の内容や本定例会の見どころについては、また明日以降に随時情報発信していきます。

それでは、また明日。


編集部より:この記事は都議会議員、おときた駿氏のブログ2014年9月17日の記事より転載させていただきました。快く転載を許可してくださったおときた氏に感謝いたします。オリジナル原稿を読みたい方はおときた駿ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑