曲がるiPhone 6問題、bendgateにキットカットが参戦! --- 安田 佐和子

2014年09月25日 09:03

00001

アップルの最新スマートフォン「iPhone 6」および「iPhone 6プラス」の発表日は、タークス・カイコス諸島でバケーション中でしたのでフェイスブックツイッターのみで状況をお伝えしていました。

あの時、こんな問題が世間の注目集めることになろうとは……エメラルドグリーンの海に降り注いだ雨粒ほどにも思いませんでしたよ。

日本でも大いに話題となっている曲がるiPhone 6、アメリカでは「ベンドゲート(bendgate)」と呼ばれています。ワシントンD.C.の民主党本部に盗聴器を設置した政治スキャンダル「ウォーターゲート事件」に合わせ、アメリカでは重大事件に「~gate」と名付ける慣行がありますが、その例にならい「bend=曲がる」という言葉を組み合わた造語です。

世界中の注目に合わせ、キットカットがツイッター上でベンドゲートに参戦しました!アドウィークが伝えています。
kitkat

キットカットなら、45度に曲げれば折れて美味しくいただるというわけです。お馴染みのキャッチコピー「have a break, have a kitkat」に掛け、構図もニンマリ風なのがお分かりいただけますでしょうか。もちろん、アンドロイドのOS最新コードネームが「キットカット」ですから、米国の販売元ハーシーズと提携するグーグルへの後方支援であるのは言うまでもありません。おかげでベンドゲートをブレーク(一服)させるどころか、一段とブレークさせてしまいました。

(文中写真:Adweek、カバー写真 : The socialmedia incubator)


編集部より:この記事は安田佐和子氏のブログ「MY BIG APPLE – NEW YORK -」2014年9月24日の記事より転載させていただきました。快く転載を許可してくださった安田氏に感謝いたします。オリジナル原稿を読みたい方はMY BIG APPLE – NEW YORK –をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑