近未来の人類は女性が多数派に?

2014年10月01日 01:49

気候変動により、男女比率が変わって男性より女性のほうが多くなるかもしれない、という研究結果が出たようです。これは兵庫県赤穂市にある産婦人科病院の医院長らによるもので、かつて喫煙者の子どもには女児が多いことを報告して話題になったのと同じ研究者です。

なぜ気候変動で男女比が変わってくるか、といえば、男児の胎児や新生児が気候変動の影響やストレスを受けやすいから、ということらしい。もともと、男児は育てにくく、そのため「一姫二太郎」という言葉も生まれたんだが、新生児の比率はそれを勘定に入れて男児のほうがやや多くなっています。


ちょっと驚くのは、この研究、発展途上国のデータではなく、日本における1968年から2012年の人口動態統計や胎児の死亡率や乳幼児の出生率などから導き出されたものだという点。例えば、2010年の猛暑や2011年の寒冬の年に新生児の男女比が変化した、とのことです。過去にも同じような調査が行われており、北欧では暖冬などの気温の変化と男女比に正の相関関係があることがわかっています。

ただ、必ずしも気温と男女比がリンクするわけではなく、約1世紀にわたるフィンランドとニュージーランドにおける調査では、こうした相関は見られませんでした。その一方で、近年の異常気象が、こうした性差にどう影響するのかについて研究者らは興味を持っているようです。今回の研究について2011年の東日本大震災の影響を疑う意見もあるんだが、この年の男女の出生比率に大きな変化はありませんでした。

いずれにせよ、災害などを引き起こす異常気象は、我々の生活や人生に大きな影響を与えるのは間違いありません。表題の記事で紹介されている研究結果は慎重に判断する必要があるんだが、もしも長期的に男女の比率が変わっていくとすれば、将来の人類社会は今と違った光景になっているのかもしれません。

livescience
Climate Change Could Alter Human Male-Female Ratio


Wikipediaがめっちゃ見やすくなるchrome機能拡張「WikiWand」
おつぱのひょうよんOZPAの表4
これはなかなか良さげな拡張機能です。Google chromeに対応、ということで早速、導入してみました。Wikipediaは本当に便利なんだが、過信は禁物、ということで複数のサイトなり、百科事典なり書籍なり、怪しそうな情報は裏を取るのが鉄則です。しかし、人類の「知」の共有欲求というのは奥底が計り知れないほど深いもんです。
0002

サッカーの臨場感を伝える!選手と同じように走るカメラマンの熱意を表現したCMがアツい
エンタメウス
んなこたあない、というCMなんだが、ナゼか見入ってしまいます。それにしても、カメラワークや画像処理、通信技術の進歩などで、観戦スポーツはかなり楽しくなったのは事実でしょう。その中にはカメラマンの努力もあると思う。しかし、ファインダーに集中しながら撮影するのって怖いんですよね。

CANAL+ Football – Cameramen

Vintage Photos of Billiards/Pool Players in the Early 1900s
vintage everyday
20世紀初頭のビリヤードとプールバーの「古き良き時代の写真」という記事です。こういう空気感、というか、被写界深度、デジカメやフォトショではなかなか再現できません。日本でもバブルの前くらいに全国にプールバーがあったことがあるんだが、ボーリングと一緒に消えてしまったような。同じようなものにダーツがあります。あれはまだアチコチにあるようで、遊ぶ面積と設備が世知辛くなってるんでしょう。
00001

いまさら『セカイカメラ』を振り返る
ARTIFACT人工事実
ナルホド、そういえば「セカイカメラ」なるものが、ちょっと前に話題になりました。当コーナーでもセカイカメラから派生したサイトの井口尊仁氏の記事を紹介したことがあるんだが、iPadと心中、という物騒な話になってました。その後、ヘッドマウント型ディスプレイなんかでも名前が散見されたんだが、アプリを作るよりも業界のコンサルっぽい方面へ行っちゃったようです。


アゴラ編集部:石田 雅彦


アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑