【言論アリーナ】ピケティとマルクスから21世紀の資本主義を考える

2014年12月07日 23:18

g-arena_128アゴラ運営のインターネット放送「言論アリーナ」。
12月9日(火曜日)は午後8時から1時間にわたって、
ピケティとマルクスから21世紀の資本主義を考える」を放送します。
出演はアゴラ研究所所長の池田信夫さん、聞き手はアゴラ編集部の石田雅彦さんです。


ニコ生入口はこちら
YouTube「アゴラチャンネル」で放送後に公開します。

ピケティマルクス

今年フランスの経済学者トマ・ピケティの大著「21世紀の資本論」が英訳されるや、amazonのベストセラーになり世界中で話題になっています。
ピケティは従来の「資本主義で格差は縮小する」という定説に対し、著書の中で、過去200年以上の膨大な資産や所得のデータを積み上げて分析、資本主義は格差社会を増大させることを示しました。
かたやマルクスは、150年も昔に著書「資本論」の中で、資本が少数の資本家に集中し労働者が窮乏化すると予想していました。

現代の資本主義は歪みが生じています。
いったいどうすべきなのかを考える際、この2人の知の巨人の考えを学ぶことは避けては通れません。
ところが、ピケティの「21世紀の資本論」にしろ、マルクスの「資本論」にしろ、その圧倒的なボリュームに、読む前から気力が失わてしまいます(笑)

そこで、今回の言論アリーナは池田信夫さんがわかりやすくピケティやマルクスを説明、その上で現代日本が直面している格差や停滞の原因を考えます。

☆★☆★
出演者池田信夫さんの著書が発売されます。
12月12日「日本人のためのピケティ入門: 60分でわかる『21世紀の資本』のポイント
12月19日「 資本主義の正体 マルクスで読み解くグローバル経済の歴史

年明け1月からは池田信夫さん主催のセミナー、アゴラ経済塾「資本主義の正体:マルクスからピケティまで」が開催されます。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑