【お知らせ】世界の不動産の最新情報はこの一冊で! --- 内藤 忍

2015年03月05日 11:56

150305RealEstateRich

日経BP社からムック本「不動産でお金持ち」が今週発売になりました。国内と海外、両方の不動産投資について情報満載の一冊です。


以前ブログでご紹介したこちらの取材が巻頭に収録されており、後半の海外不動産投資のコーナーでは、私が今までスタディツアーで出かけた、アメリカ(テキサス)、マレーシア、シンガポール、フィリピン、カンボジア、バングラデシュの現地リポートがまとめて掲載されています。海外不動産投資の情報をビジュアルで見たいという方には、保存版になる情報だと思います。

不動産投資は金融とは異なる、ローカルなマーケットです。マンハッタンやロンドンの中心部、東京の銀座や表参道といった特別なエリアを除けば、地元の人たちがクローズドなマーケットの中で取引を行う、非効率な市場。だからこそ、戦略を上手に立てれば大きなリターンを実現することができるのです。

不動産投資のポイントは「時間と友達になる」ことです。つまり、短期の売買で利益を得ようとするのではなく、時間をかけてインカム収入を積み上げ、物件の価値を維持しながら将来の「出口」を待つ。時間の単位は「年」です。

また、ローカルなマーケットですから、投資する場所によって投資戦略が変わってきます。

日本の不動産であれば、都心にターゲットを絞って、レバレッジを効かせる。先進国の不動産は、中古の木造物件を活用した加速度償却によるタックスコントロールを狙う。新興国の不動産は、成長に伴う価格上昇と比較的高いインカムゲインに賭ける。といった具合です。

さらに、同じ先進国でも、ニューヨークとテキサスでは、投資方法が異なりますし、新興国でもマレーシアとカンボジアでは、そもそも国の発展ステージが大きく異なります。

国内の不動産に関しては、多くの投資実践者がいて、たくさんの書籍も発売されています。しかし、不動産を世界的に見渡して、全体の中から投資対象をピックアップするようなアプローチはまだ実践している人を聞きません。

実は、今月21日に発売の日経マネーでは、さらにハワイの現地レポートも掲載される予定ですし、来週末から出かけるタイのスタディツアーも、いずれレポートにまとめられるはずです。

株式、債券といった伝統的な資産を並び、最近注目を集めるようになった不動産投資。新刊のムックで、世界の不動産情報をまとめて収集してみてください。

image

※毎週金曜日に配信している「資産デザイン研究所メール」。資産を守り増やすためのヒントから、具体的な投資のアイディア、そしてグルメな情報まで、無料でお届けします。登録者数は12,300人を超えました。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2015年3月5日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。


アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑