GEPR更新のお知らせ-中国の原子力産業の躍進(4 月20日)

2015年04月20日 15:10

アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR(グローバルエナジー・ポリシーリサーチ)はサイトを更新しました。21日は言論アリーナで、今回寄稿いただいた杉山大志さん、竹内純子さん、池田信夫さんで、温暖化問題を言論アリーナ「温暖化交渉、日本はどうする?」で放送します。

screenshot-s


今週のアップデート

1)アジア投資銀行、目的は「赤い原子炉」への融資か?-躍進する中国の原子力産業

ジャーナリスト、石井孝明の寄稿です。中国の原子力産業をまとめました。建設ラッシュの中で、技術革新や制度整備も行っています。今後、大きな成長の可能性があります。

2)高浜原発差し止め訴訟、裁判官の知らぬ「法の支配」

池田信夫アゴラ研究所所長の論考です。高浜原発の差し止めを認めた福井地裁の取り組みについて、批判的に分析をしています。財産権の侵害、事実誤認などがあるそうです。

3)2030年の電力化率はどうあるべきか

電力中央研究所の杉山大志さんの論考です。温暖化対策でも、エネルギーの電力シフトは重要なのですが、なかなか政府はそれに動こうとしません。

4)誤解だらけの気候変動問題-省エネへの過剰期待

国際環境経済研究所の竹内純子さんの論考です。省エネへの過剰期待の中でエネルギーミックス論が語られています。それは妥当なのか。問題提起です。

今週のリンク

1)原発建設計画270基超-日本を凌駕する中国の原子力に依存する日-中国最新鋭原発潜入ルポ

ウェッジ・インフィニティ。2014年7月掲載。同社の取材陣が中国の原子炉建設の現場と関係者を取材しました。中国の技術者たちは、自信を深めているようです。そして安全性も技術水準も高そうとの報告です。

2)「無法状態」で混迷の深まる原子力行政

池田信夫アゴラ研究所所長の論考。ニューズウィーク日本版4月16日掲載。原子力行政の混乱を「無法状態」と形容。原子力規制委員会の措置と、高浜原発差し止め訴訟について分析しています。

3)高浜原発再稼働に司法の冷水、カギ握る22日の鹿児島地裁判断

ロイター通信4月15日記事。高浜原発の再稼動問題をめぐる解説。仮処分の位置づけと再稼動をめぐる議論の現状が分かります。

4)「株式会社JERA」(呼称:ジェラ)の設立について~世界で戦うグローバルなエネルギー企業を目指して~
東京電力。4月15日発表資料。東京電力と中部電力は燃料の調達や事業の統合を目指す新会社「JERA」を設立しました。電力自由化を前に、当然で合理的な動きです。悪いニュースばかりの東電ですが、ようやく前向きの情報です。ぜひ頑張ってほしいと思います。

5)電力自由化で何が変わるのか:WIRED公開質問への19の答え

WIRED。新電力エネットの社長の池辺裕昭社長に「参入は進むの?」「どんな変化?」と誰もが思う質問を聞いています。広告記事のようですが、参考になります。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑