セミナーの評価は、終了後に受講者の顔を見ればわかる --- 内藤 忍

2015年06月21日 16:43

150620Seminar

昨日は、高輪で資産設計実践会を開催しました。3か月で自分のアセットアロケーションを組めるようになるという、成果にコミットした限定人数でのスペシャルな講座です。

先月には週末2日間を使って、同じメンバーで「徹底合宿」を行い、資産運用の基本を徹底的に学びました。今回はそれを受けて、それぞれの参加者が自分のアセットアロケーションを構築して、具体的な組み入れ商品を考えていくというプロセスに入っていきます。

資産運用には唯一の正解はありませんから、新しい知識や情報をインプットしながら、試行錯誤しながら自分にふさわしい方法を探していくことになります。そのための心強いサポートが、同じ志の仲間と気軽に相談できるメンターの存在です。

参加者は海外資産運用マスターがリーダーになっているチームに分かれて、リーダーに相談しながら、同じチームの仲間とディスカッションして、自分の資産運用について考えていく機会を持つことができます。メンバーの中には既に、国内の一棟もの不動産や海外のコンドミニアムに投資している人もいます。さらには、株式のプロのトレーダー、太陽光発電投資やクラシックカーにまで投資している強者まで参加しています。

自分とは違う知識を持った人たちとのグループワークによって刺激を受け、さらにレベルアップすることができる仕組みになっています。

また、今回もスペシャルなゲストが2名登場して、金融資産、実物資産それぞれの投資のアイディアを提供してくれました。実務に長けた専門家の話はリアルな投資の現場を感じることができ、早速自分の資産に取り入れようという積極的な参加者も数多くいるのが印象的でした。行動が早い人ばかりです。

一方通行の講義ではなく、このようなグループで進めるセミナーは、どんな人たちが参加するかによってその成果が大きく変わってきます。今回集まった受講生の方は、好奇心とやる気に満ちたユニークなメンバーが集まり、参加者の皆さまも大いに刺激を受けて、満足しているようでした。

講師だけではなく、受講生同士が講座の質を高めていく理想的な形が出来上がり、このセミナーを開催して良かったと思いました。さらに、メンバー限定のスタディツアーや物件紹介などの企画も立てていく予定です。

クローズドな空間で開催されるクローズドなセミナー。3か月のシリーズ化された内容で、受講料はそれなりにかかりますが、得られた成果はそれ以上ではないか。セミナー終了後に参加者から握手攻めにあった時、そんな確信を持ちました。

次回の募集は秋に行う予定です(ただし、メールマガジンなどでは告知は行いません)。

※毎週金曜日に配信している「資産デザイン研究所メール」。資産を守り増やすためのヒントから、具体的な投資のアイディア、そしてグルメな情報まで、無料でお届けします。メールマガジン登録会員数は、もうすぐ19,000名です!


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2015年6月21日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。


アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑