新たにわかったビタミンD不足の影響とは

2015年08月26日 11:50

葉酸(folate)を含むサプリメントが売られているが、長期の観察によればこのサプリメントを摂取することで結腸がんのリスクを減らすことができるらしい。レバーや緑黄色野菜、果物などに含まれるビタミンの一種、葉酸は我々の健康を維持するための重要な物質だ。

1941年にホウレンソウから発見されたこの葉酸が欠乏すると、貧血や免疫機能の低下、とりわけ消化器官などへ悪影響をおよぼす。また、妊娠時に欠乏すると胎児の生育がいちじるしく阻害されるようだ。野菜類は葉酸を多く含むが、調理や保存によって葉酸が酸化されて破壊され、飲酒は葉酸を取り入れる機能を阻害する。葉酸の摂取のためには、飲酒を控え、新鮮な生野菜をたくさん食べることが重要と言われる。

ドラッグストアへ行くと多種多様なサプリメントが売られているが、サプリメントへの過信は禁物だ。だが、摂取しにくい栄養素を補うために飲んだほうがいい場合はもちろんある。表題の記事では、ビタミンDの不足によって多発性硬化症(MS、Multiple sclerosis)を引き起こすことがわかった、と書いている。過剰に美白を求め、日光に当たらないとビタミンDが作られなくなる。それを補うためのサプリメントも有効だ。

0001

多発性硬化症は、脳や脊髄、神経系のあちこちに病巣ができて、脱力感や筋肉痛、めまい、しびれなど様々な症状を引き起こす。原因は、遺伝性、ウイルス感染、自己免疫疾患などが疑われているが不明だ。北米や北欧、オーストラリア南部など、高緯度地域での発症例が多く、日本でも患者が微増しつつある。高緯度、というわけでビタミンDの欠乏が関与しているのかもしれない。

the guardian
Lack of vitamin D may cause multiple sclerosis, study finds


SONY’S NEW DRONE IS A HELICOPTER IN A PLANE’S BODY
POPULAR SCIENCE
ソニーがドローンを作った、という記事だが、オスプレイのような機構になっているらしい。たいして新規性もない技術で、ソニーの劣化具合がよくわかる。速度が出るドローン、というのだけが売りのようだ。

Ashley Madison hack: Infidelity site and parent company Avid Life Media faces lawsuit in US
INTERNATIONAL BUSINESS TIMES
カナダ発の出会い系サイト「アシュレー・マディソン(Ashley Madison)」の個人情報がハックされ、ネット上に公開された事件の続報だ。訴訟社会なので案の定、集団訴訟になっている。こちらの「GIZMODO」の記事では、ジョン・マカフィーがハッカーを「予言」している。なにやら騒々しくなってきた。

本田圭佑に起こった2つの変化。“泥臭い”プレーの背景にあるものは?
NumberWeb
いろいろ言われているが、セリエAの一流チームでトップ下を争うこと自体が大変なことなのは間違いない。これだけ話題になっているわけだから、ACミランに残留してもおかしくはない。強力なライバルが中盤のポジションに参入してくるというのも、彼にとっては大いに刺激になりそうだ。もともと献身的なプレースタイルだから、守備もきちんとやれるトップ下はチームにとっても貴重なのだと思う。

Black Monday 2015 : 大手クラウド・プロバイダーたちの株価は、どれほど下落したのか? それを示す1枚のチャート
Agile Cat ─ in the cloud
いわゆる「ブラック・マンデー(Black Monday)」は、1987年10月19日にニューヨークのダウ終値が前の週より508ドル(22.6%)も下がったことを指す。1929年の世界恐慌時の株大暴落は「ブラック・サーズデー(Black Thursday)」では12.8%の下落だった。今回の株の暴落では、ダウは一時、1000ドル以上も下げた。この記事では、ハイテク株の下げ率を比較したチャートを紹介している。先行きの不透明感が半端ない状態だ。


アゴラ編集部:石田 雅彦

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑