【大阪ダブル選】松井一郎知事候補、第一声書き起こし --- 選挙ドットコム

2015年11月06日 07:01

11月5日、大阪府知事選挙が告示されました。大阪維新の会の現職・松井一郎候補の第一声を全文書き起こしによりお伝えします。
matsui02
選挙っていうのは政策を選んでもらうこと


みなさん、おはようございます。おはようございます。
いよいよね、今日から知事選挙が始まりました。
これ何度も言っているんですけれどね、選挙っていうのは政策を選んでもらうこと。そしてその政策を実行するためには知事や市長に立候補しようというんなら、その政策を実現するためにどれだけの財源がいるのか。この財源というのは皆さん方の財布からお金が出ているわけですから、皆さんにこれだけの財源が必要なのでこういう形で政策を実行します。こういう具体的なことを言うのがこの選挙なんです。

いやーこの一ヶ月間ね、テレビ新聞で相手候補たちと討論会やりましたけれども、皆さんも見ていただいてたらよく分かるように、噛み合いません。なぜ噛み合わないのか。僕たちは、僕と吉村君はね、徹底的に具体的に言っている。財源も示している。でも相手はね、まったくこういう具体論に入ってこない。噛み合いません。相手候補たちは。要は政策がない。政策を決めれないんです。
もう何言っても
「当選をしてから、知事・市長になってから話し合います。検討します。」
これでどうやって選挙というものの政策を選ぶというんでしょうかね。
これはもう有権者の皆さんを馬鹿にしているじゃないかなと。こういう風に思うわけです。

今回ね、相手がね、政策を出せない理由はあるんです。要は何か。
自民党と共産党と民主党が組んでね、政策まとまるはずがありません。
要は、自民党と共産党って水と油。で、今一番頑張っているのは共産党。

ついこの間もね、もうとにかく安倍総理に対して、自民党に対して、「安倍総理は子供達を戦場に送る、子供の命を守ろう、安保法案反対、憲法違反だ」こう言っていたこの共産党が、大阪では自民党とがっちり組んで、とにかく維新だけはやっつけよう。とにかく橋下、松井をやっつけよう、吉村やっつけよう。まぁほんと嫌われたもんですよ。

なぜね、ここまで嫌われるのか。

我々やっているのは、要は役所の中のお金の使い方、行財政改革


要はね、僕らがやっていることなんていうのは、総理がやっているようなことと比べれば大したことではないんです。安倍総理はとにかく国際情勢に見合わせて、今までの安全保障の環境を変えて、そのことによって、共産党は「戦争に巻き込まれる、子供の命を守ろう。」
僕たちがやっているのは、子供の命のようなそんな重大なことをやっているわけではありません。我々やっているのは、要は役所の中のお金の使い方。要は行財政改革なんです。政治、改革なんです。

役所、公務員ていうのは身分じゃない。職業だよという。そういう意識を持ってもらおう。
今まで役所の中、大阪市もあまりにも馴れ合い、ぬるま湯、もたれ合いです。人がいっぱいいた。それでは役所の中ばかりに税金が使われて、市民の皆さんに還元ができない。だから役所をちょっと厳しくしていっただけなんです。

役所を厳しくするときに、一番重要なのは、自分たちですよ。我々が、我々側が選挙で選ばれ、我々側がまず、知事や市長や議会側が身内の改革をやって初めて役所の皆さん、公務員の皆さんに厳しいことが言える。まずそれをやったのが、大阪維新の会です。

まず府議会においては、定数は21削減、報酬も3割カットです。それをもってね、役所の中で、役所っていうのは赤字でも潰れないわけです。圧倒的に民間と比べてもインセンシティブがあるわけですから。役所の皆さんにちょっと職場環境、厳しくするよ。今まで三人でやっている仕事は、二人でやる努力をしてください。四人でやっていた仕事、三人でやれる努力をしてくださいよ。いうことで、役所の体質を今までちょっとメタボだった体質をギューと筋肉質に変えていった。我々がやっていることなんて、その程度のことなんです。

役所の中のお金の使い方を、役所の中にいる人たちが皆さんの税金を、パクパクムシャムシャ美味しく食べる。そういうことにならないように行財政改革をしてきた。これだけなんです。
安倍総理がやっているような、この安全保障関連を変える、子供たちの命に関わるようなことじゃない。でもね、まぁ今の大阪の自民党、共産党、民主党。これが一番嫌なんですよ。要は政治家の数が減る。政治家の給料が減る。公務員の皆さんが、厳しい環境にさらされる。要は公務員の皆さん、組合、官公労の皆さんは共産党や民主党の支持母体だ。そして、そういう皆さん方が選挙になったら一生懸命票を稼いでくれる。ポスターを貼ってくれる。だから役所の中、厳しい環境にすれば、自分たちの仲間がえらい目にあった。

彼らが言う、いつも共産党がよく言うんです。「命と暮らし」。これはね。市民と府民の命と暮らしじゃなくて、自分たちの命と暮らしを守りたい。こんなね、ことがまかり通っていいんですかということなんですよ皆さん。これをね、これを変えていった大阪では。

まぁハッキリしましたよ。やっぱりそうか。結局はね、役所の中。まぁ自民党から共産党まで揃ってね、生ぬるい形の方が良かったんです。役所の中で厳しいこと言わず、まぁ議員さんも定数なんていうことをね。選挙の度に皆さん方の前ではね、そういうことを誠実に減らしたと、給料減らしたと言うけど。選挙が終われば知らんふりです。

だから役所の改革ができない。まぁね、中之島の市役所。ほんとにそういうね、元のもう昔のあの大阪市民の皆さんが市役所ええかげんにせえよ、こう言っていた時代のね。そういう役所に戻したい。大阪府庁に対してもね、とにかくね、僕や橋下市長がやってきたそういう改革はもう疲れ果てた。自民党から共産党まで。だから議員の報酬も今、府議会、日本一やっている。47都道府県で一番低いんですけれどね。そういうことも疲れ果てたんで、橋下、松井を追い出して。維新の会を追い出して、元へ戻そう。皆さんが知らない間に、まぁ元の給料までどーんと戻していこうよ。そういうことで彼らはがっちり、手を組んでる。

だから今回の討論会。まぁ新聞やテレビでやってきましたけれどもね。皆さん、昨日、一昨日でしたかね。関テレでやったとき。関テレで最後ね、視聴者の皆さんから質問があったんですよ。要は自分たちの報酬はカットするんですか。知事、市長になって自分たちの報酬はどうします、という視聴者からの質問。僕と吉村君はね、今やっていますから僕と橋下市長。3割カットですよ。退職金はもう無くしました。でその上で給料も引き続き3割カットやっていきます。だってまだまだね、大阪府の財政、これは橋下知事就任の以前のね、11年間赤字だった頃。この頃のツケがまだまだ残っている。今、僕と橋下市長で、8年連続黒字でね。皆さん方の預貯金使ってはならないお金。減債基金と積み立て不足というのも、今、5200億マイナスだったのが半分まで、これ半分までね積み立てを今やってきましたけれども。それでもまだ半分積み立てないとダメなんです。皆さんのこの貯金ですからね。

知らない間にまた大借金。そういう大阪府政に逆戻り


こんな状態の中で、自分たちが、僕や吉村君がね。自分の報酬戻そう。こんなことはできない。でも皆さん、相手陣営はムニャムニャムニャムニャ言いましたよ。見ていただいてた方もいらっしゃると思います。まぁ相手陣営、自分たちの報酬どうするの、ということを質問された時。ムニャムニャムニャムニャ、いや、それは特別職等報酬審議会に答えを聞いて、その上で色んな皆さんと色々意見交換をしながら検討します。

この答えはね、皆さん。やらないということなんです。結局、結局ね、知らない間にまた大借金。そういう大阪府政に逆戻り。こういうことになってしまいます。皆さん、これからね、日本は人口減少超高齢化社会に入っていくんです。今の時点でも大阪府で高齢者の皆さんの医療福祉社会償費。これは毎年、100億単位で伸びていきます。

そして、とうとうこの大阪においても65歳以上の方が、今25パーセントなんです。これから25年しますと、約4割が65歳以上になる。もちろん、僕も25年後には、まぁもう75超えているんでね。生きてるか死んでるかその時は分かりません。吉村君も25年したら65以上。この時に皆さん、大阪で65歳以上の方が40パーセントになるんですよ。40パーセント。若い人、現役世代が1.5人で高齢者を支えなければならない状況になる。このままほっとくとね。これではそらもう、この時代の現役世代、これ耐えれません。支え続けることができません。だから今、そういう風にならないように大阪に人・モノ・お金。企業が集まってくる。そういう大阪を作っていきたいんです。この大阪を、そういう大阪を作るために一番重要なのが、相手陣営は対立から共存とか言います。一番、この賑わいのある成長する大阪を作る。

その時に一番対立してはならないのが、大阪府と大阪市なんです。今まで、大阪府と大阪市。府と市と合わせて不幸せ。揶揄された時代が僕と橋下市長の以前の時代です。大阪府が右と言えば、大阪市が左。とりあえず意見が合わない。それぞれバラバラ。
この4年間は、僕と橋下市長が成長戦略を一つにまとめた

でもこの4年間見てください。皆さん。大阪府と大阪市。僕と橋下市長。絶えず、二人並んでね。皆さん方の前に出て、大阪はこういう方向でまとまっていきましょう、ということをしっかり設計図作って、これやってきましたよ。一番はね皆さん、大阪の成長戦略は、大阪の成長戦略。僕と橋下市長、就任する以前は、この大阪というエリア。日本に二番目に狭い。このエリアにね。成長戦略が二つです。大阪の地図を頭に思い浮かべてみてください。大阪というエリアの、ど真ん中が大阪市なんです。そういう風に完全に重なりあっている。この四年前までは、これまでは大阪府と大阪市の成長戦略すら一元化できませんでした。この四年間は、僕と橋下市長になった。その成長戦略を一つにまとめました。今その結果が出てきています。

一番分かりやすい例で言うと外国からのお客さん。どんどん入ってきてもらおう、ということで観光戦略です。今この難波にも、梅田にも大阪中あちらこちらに皆さん、すーごい数の外国人旅行者の皆さんが来てくれております。僕が就任した時には、その旅行者の皆さんは160万人だったんです。160万人。今、一番直近の数字。今年の数字。12月までの数字で行くと、約600万人に近づいております。4倍に増えていった。

これね、何かというと。なぜか。僕と橋下市長で大阪に観光局というね、この大阪の外国からのお客さんをどんどん増やすために、そして外国からのお客さんのニーズを受けて、色んなフリーWi-Fiとかね、そういうおもてなしができるような、体制をつくったわけです。

だから例えば百貨店の売上。公共移動の伸び率です。年間500億に届いております。東京以上に百貨店の売上が伸びてきている。東京以上にホテルの稼働率も高い。今、一番直近では90パーセントを超えております。そして、そういう皆さん方が、まぁあちらこちらでね、食事をしてくれる、消費をしてくれる。そのことによってサービス業はよくなってきております。有効求人倍率、これも橋下知事時代0.6だったのが、今1.2まであがってきている。そういう形でねどんどん消費が拡大をしております。
そこのね、黒門市場、行ってみてください。外国からのお客さんで一杯ですよ。みんなね、マグロ食べてね、カニ食べてね、どんどんどんどん消費をしてくれているんです。それがね、なぜ今までの大阪でできなかったのか。観光戦略一本化。してなかったからなんです。僕と橋下市長になって、この四年間徹底的に観光戦略に力をいれてきた。こういうことをいうと、相手陣営からそれはアベノミクス効果じゃないか、とかね。そういうね、難癖をつけられるんですよ。

じゃあね、東京以上になぜ伸びているのということなんです。東京より、大阪が伸び率が高いんです。それはね、大阪っていうのはいろんないいものがあります。一番いいのは、まぁ今日もいろいろ話を聞いていただいて、大阪という人たちのまぁ親切なこと。おもてなしの心で。だいたい大阪の人というのは困っている人、外国の方であろうと、この大阪に来てね、道に迷っていたら、だいたいみんなね、どないんしたん、どこ行くの。英語もできなくても声をかけます。で、相手が英語でしゃべると、そばで学生のような、あんた英語なろてるからしゃべれるやろ、いうてね。そういう人を捕まえてきて話きいたれーと、僕は捕まえないでくださいよ。英語まったくできませんからねこれは。そういう形で大阪の人、おもてなしの心。これが外国の人に非常にウケて。
それともう一つ。食べるものがおいしくて、安い。そこなんです。で、こういうのこういう大阪のいいところを僕と橋下市長と徹底的に海外でプロモーション、宣伝してきたんですよ。その結果、大阪にどんどんそういう人たちが集まるようになってきました。これをね、続けていくのかこれからも。それともまた大阪府と大阪市、それぞれバラバラでやって、大阪の良さを売り出すことをここで止めてしまうのか。それをね、皆さん方に判断をしていただきたいんです。どうも、ありがとうございます。

少子高齢化が進む中で、スピード感をもって改革をしていく


とにかくね、まぁ色々と批判はあると思います。橋下も松井もやりすぎだ。もっと時間をかけたら良かったんじゃないかと。色々言われる。でもね皆さん。先ほども言いましたけれども、どんどんどんどん少子高齢化社会が進んでいっているわけです。そら十年、二十年時間をかけてれば、いつの間にやら周りはみーんな高齢化。僕らもそうなんですよ。僕らもです。だからそういうことが、はっきりわかっているんなら、今、まさにそういう形にならないようにスピード感をもって、改革をしていく。これはね、僕はね大阪の政治家の使命だと思っているんです。できるんだと。そう思っているんです。

皆さん本当にね、今回、まぁ厳しい戦いです。相手は巨大組織。皆さん方がね、とにかく今必死になって組織を締め付けて、そして組織の人たちが一票一票稼いでいこう。こういう状態を今、必死でやっていると思う。我々にはそのような組織はありません。今日、聞いていただいている皆さんが横に横に、維新の改革を続けていくんなら、やっぱり、松井と橋下だったのを、今度は松井と吉村で改革続けていこうね。皆さん方が横に横に広げていただくことしかありません。でなければ、元のあの暗黒の大阪府と大阪市それぞれバラバラの、そういう大阪に戻ってしまいます。

とにかくね、僕も橋下も全力でこの4年間やってきました。とにかく8年間、大阪府は黒字です。大阪市役所の改革も橋下市長が徹底してやってきた。それをやれたのは、まずは維新の会。我々の覚悟があった。我々が本気で身を切る改革というものを自分たちがまずやったとこからスタートしただけです。相手にはその覚悟がありません。平松さんもね、今必死になって相手を応援していますけれども。皆さん、平松さんがね4年間で、大阪市役所、市民の皆さんからいただいた総額の報酬は橋下市長の倍ですから。4年間やって。橋下市長はその半分なんです。4年間やっても。そのぐらいの身を切るところをバサーと見せたからこそ、役所の皆さんもついてきてくれるんです。公務員は敵ではない。公務員を上手に彼らの能力を上手に使っていってこそね、大阪府民、市民の皆さんにいい政策を届けることができる。でも彼らを本気にさすには、彼らに対してだけきついことを言っても無理なんです。だから、我々はまず自分たちで、これだけのね、まず身を切る改革をやったのは、まずこの大阪維新の会だけです。これをね、ぜひ続けていきたい。

東京一極ではなく、大阪との二極に


これを続けることで必ず東京一極じゃだめなんですよこの日本は。これをやることで、必ずね、二極と呼ばれるそういう大阪を作り上げることができると。僕たちはそう思っております。皆さん、これから5年10年。そして、さっき言いました。20年経った時。もう僕が70超えた時。吉村君が60を超えた時。その時に我々の次の世代からね、いやぁ親父がね、昔、ちゃんとやったから今、大阪良くなってきたね。二極になれた。そう言われるのがね。20年、30年したときにね。もうあのときに無茶苦茶やられて、今自分たちこれ息絶え絶えで、食べるのも大変なんだ。もうとにかく高齢者の皆さんを支えることもできんわ。こんな大阪に誰がしたんや、そういう風にね、言われないように、今ここでまさにここでこの大阪で始まった改革を、あと4年続けて行きましょう。そして皆さん、二度と昔の不幸な大阪に戻さないために、ここで確実に固めさせてください。よろしくお願いを致します。どうもありがとございます。


選挙ドットコム


編集部より:この記事は、選挙ドットコム 2015年11月5日の記事『「二度と昔の不幸な大阪に戻さないために、ここで確実に固めさせてください」松井一郎大阪府知事候補 第一声全文書き起こし』を転載させていただきました(見出しはアゴラ編集部で改稿)。オリジナル原稿をお読みになりたい方は選挙ドットコムをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑