赤穂事件から学ぶ「世論に迎合しない」政治 --- 天野 信夫

2015年12月14日 07:00

元禄15年の12月14日(旧暦)は、赤穂浪士四十七士が吉良邸へ討ち入りをした日です。事件の後、赤穂浪士の処分について幕府内では相当な議論があったようです。彼らの行動を武士の鑑と見ての「助命論」や、幕府の威令や法秩序を守る立場からの「切腹論」などです。しかし庶民は圧倒的に浪士支持でした。
1024px-Ako_Gishisai_De09_13
▲12月14日は忠臣蔵・討ち入りの日(Wikipediaより、アゴラ編集部)

時の将軍は五代綱吉で、老中は柳沢吉保でした。彼らの処分に関して、幕府の実質的な最終判断は誰が下したのかよく知りませんが、その判断如何によっては、庶民だけでなく、武士階級にまで及ぶ共感的な浪士支持の世論を敵に回しかねなかっただろうと想像できます。

最終判断は「斬首」ではなく、「義士として切腹」としたあたりに幕府の配慮が見られるとはいえ、太平の世に47名もの武士の命を一度に奪うのですから、幕府としては相当な決断が必要だっただろうと想像します。

「切腹」という結果が義士としての名声や名誉を更に高め、それを今日に至るまで固定化させたわけですので、幕府のこの時の判断は正解だったと言えそうです。

翻って今の日本の政治家を見た時、果たしてこうした苦しい決断が下せるだろうかと思ってしまいます。彼らは世論の動向にばかり目がいっています。

当面の選挙に有利不利が、行動の判断基準になっています。政治家のちょっとした失言や失態を、まるで鬼の首をとったかのように騒ぎ立てるマスコミの煽動。国民の憤りや失望を見込んだ野党の政府攻撃。もういい加減うんざりです。

勿論、世論の動向を見るのは大事なことですが、時には、国民の顔色を窺うだけでなく、「世論に迎合しない」大局的な決断があってもいいと思います。

少し飛躍があったかもしれませんが、12月14日にちなんで、今回は赤穂事件から学べることをテーマにしました。

天野 信夫
無職(元中学教師)
ブログ

タグ: ,
アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑