元旦の全国紙を比較して見えてきた2016年政界予想 --- 選挙ドットコム

2016年01月03日 06:00

あけましておめでとうございます、増沢諒(ますざわ りょう)です。
本年もよろしくお願いします!

皆様、お正月をどうお過ごしでしょうか?
選挙・政治好きの僕としては、何と言っても元旦の分厚い新聞!

昔、新聞配りのアルバイトをしていたときは、1年で1番地獄な日でしたが、読者としては分厚い新聞はとても読み応えがあり、毎年楽しみにしています。

TOPに持ってくる記事にも各社の特色が出ていたり、普段の新聞には掲載されないような面白い特集が掲載されたり、と毎年全新聞社の朝刊を買い込んで、コタツでダラダラ読むのが、僕のお正月の過ごし方です。

そこで今回の記事では、政治や選挙に関して、2016年の朝刊で各社がどのような記事を掲載しているか、簡単にまとめました。
001

総論1! 今年は18歳が主役の年です!


各社とも夏の参院選を睨み、18歳を主役にした特集が目立ちます。
18歳にインタビューしたり、座談会を実施したり、18歳の生まれ育った時代を年表を作って解説したり、朝日新聞はなんと18歳の投稿した「Instagram」を紙面に使ったり、と今年18歳を迎える世代は今年1年間、ボーナスタイムでしょう。ちなみに僕、増沢諒は今年で28歳。残念、生まれる年が10年早かった!時代が僕に追い付いてこなかった!

総論2! 衆参同時選挙が現実味・・・?


各社ともに、衆参同時選挙を予想する記事が目立ちます。
噂レベルだったのですが、いよいよ現実味が増してきました。

さらに、衆参同時選挙の後は、安倍政権悲願の憲法改正を予想する記事も。
政局は今年も激動の1年になりそうです。あー楽しみ!
各社まとめ

【朝日新聞】Instagramに18歳が主役の紙面!2016年も攻めの朝日 ★★★★★

1面のTOPにInstagramの写真が使われています!面白い!
18歳選挙権をテーマに、18歳がInstagramで投稿した写真が9枚並んでいます。
002

「#自撮り #セーラー服」という、「18歳選挙権とどう関係あるんだろう。可愛いから許すけど」といった、かなり攻めている記事です。

大手新聞社の1面TOPが、女子校生の自撮りになる時代…いいですね!
003

他にも「衆参同時選挙」を予想する記事を掲載したり、今年改選を迎える参議院議員を一覧化したりと、目にも楽しく内容も充実の朝刊でした。

【毎日新聞】TOPから特集まで、充実の内容、読み応え大満足! ★★★★

1面のTOP記事が「改憲へ緊急事態条項」という見出しから始まります。
今年の夏の参院選で自民党が3分の2以上を獲得することを想定し、その後、自民党が改憲するのでは?という記事です。

まさに政治記事からの始まり。
特集では今年1年間に実施される主な選挙と、夏の参院選の解説。
さらに、別刷りの特集記事では、今年夏からの18歳選挙権に向けて、「18歳未来を創る」という記事が。

17歳で映画監督・女優として活躍している松本花奈さんのインタビュー記事を掲載しています。
004

紙面の最後は、「1票 私が主役」という、投票を啓蒙する記事で締めています。
政治・選挙・そして啓蒙記事まであり、大満足です!

内容も、安倍首相に関する記事から18歳の有権者の視点の記事まで幅広く、読んでいて楽しい朝刊でした。
005

【読売新聞】あれ、少ない! ★

びっくりしました。1面は教科書の「数研出版」が教科書選定に際して謝礼を渡していたというニュース。
他の新聞社と比べ、1面には全く政治や選挙に関する記事は見つかりません。
18歳選挙権もそこまで触れていません。

ただ、今年の参院選の立候補予定者を一覧化しているのは面白いです。今後資料として使えそうです!
実際の立候補者とどのくらい予想が当たるのでしょうか。
006

【産経新聞】政界申年占いに、初夢予想。独特過ぎるだろ!

1面のTOPはマイナンバー。1面に政治・選挙に関係する記事は見つかりません。
特集がとてもユニーク!
「申年 政界展望」と題し、これまで申年にどんな政治的な事件が起こったのか、そして今年の「占い」をしています。
目で見ても楽しい記事!
007

ちなみに、過去の申年では、
・佐川急便事件で自民党副総裁辞任(1992年)
・年金未納問題で民主党代表辞任(2004年)
と、お金に絡むスキャンダルが続いているそうです。今年も起こるのでしょうか・・・?

さらに、世界各国の大統領たちの置かれている状況・課題・悩みを整理し、「こんな初夢を見るだろう」という「初夢予想」まで!

朝日新聞が最新のネットサービス「Instagram」を引用する一方で、産経新聞は「占い」「初夢予想」と、本当に各社特色ありますねー!

【番外編】五郎丸さん、破竹の勢い!

全紙の中に、ラグビー日本代表の五郎丸さんの広告や記事がありました!
すごいですね、大活躍!
008

【番外編】「元旦」と書いていたのは2社だけ。

ちなみに、新聞の日付欄に「元旦」と書いていたのは産経新聞と読売新聞のみでした。他の新聞では、「1月1日」とだけの記載です。

こんなところからも、各社の特色が読み取れますね。

以上、簡単ではありますが、全国紙をまとめてみました。
どの新聞社も共通して、18歳選挙権と7月の参院選(衆参同時選挙?)について触れていましたね。

政治の世界は、今年も激動の1年になりそうです。

今年も皆さんに楽しんでもらえる記事を書いています!
本年もよろしくお願いします!

増沢諒:食べる政治代表
1988年長野市出身。早稲田大学卒業後、ITベンチャーでの勤務を経て、現在、東工大大学院修士課程。研究テーマは「ネットと政治」。ネット選挙解禁を目指す活動「One Voice Campaign」をはじめとし、様々な啓蒙活動を展開。2014年マニフェスト大賞受賞。
Twitter:mojamoja_megane
WEBサイト:http://taberuseiji.com/

選挙ドットコム


編集部より:この記事は、選挙ドットコム 2016年1月2日の記事「元旦の全国紙を比較して見えてきた2016年の政界予想」を転載させていただきました(タイトル改稿)。オリジナル原稿をお読みになりたい方は選挙ドットコムをご覧ください。


関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑