ズバリ!2016年、日本の政治はこうなる !!

2016年01月26日 06:01

002-3今年7月には、参議院議員選挙が予定されている。安倍首相は、ずばり衆参ダブル選挙にするつもりだろう。なぜか。

来年は消費税アップの年だ。だから選挙は避けたい。そして、再来年は任期満了で、「追い込まれ」選挙となってしまうから、これもまた避けたい。となると、今年、衆議院議員選挙をするのが、もっとも望ましいということになる。しかも、過去2回、安倍首相はダブル選挙で大勝している。

安倍晋三首相は何がなんでも、大勝をおさめたい。自民党と公明党の与党だけで、3分の2以上の議席を占めて、憲法改正を行いたいからだ。

安倍首相は、2006年の首相就任時に、「戦後レジームからの脱却」を謳った。それは言うまでもなく、「憲法改正」と「東京裁判史観の否定」、そして「教育基本法の改正」を意味する。安倍首相は、これら3つの実現を目指していた。ところが、2013年12月、靖国神社を参拝すると、中国、韓国はともかく、アメリカにまでも「失望した」と強く批判されたのだ。これまで中曽根元首相や小泉元首相が参拝した際、そのような批判はなかったにもかかわらずである。なぜ、安倍首相の場合だけ、このようなことになってしまったのか。

アメリカは、安倍首相が「歴史修正主義者」ではないか、と懸念していた。その懸念が、的中してしまったからだろう。そしてこの一件が安倍首相を現実主義に、いや、日和見主義に変えた。以後、安倍首相は靖国参拝、東京裁判史観、憲法改正を口にしなくなったのだ。

戦後70年にあたる2015年には、あれほど批判していた村山談話を踏襲する内容の談話を発表した。さらに年末には、10965年の日韓基本条約で「解決済み」としていた従軍慰安婦問題についても謝罪し、10億円の賠償金も支払うと発表している。安倍首相は「日和見」に徹しているのである。

それは、次の「衆参ダブル選挙」で3分の2以上の議席を獲得すること。そして、憲法を改正し、安倍首相の「理想政治」を実現するためなのだ。今年の選挙は、非常に重大なものになる。僕たち国民は、心しなければならない。


編集部より:このブログは「田原総一朗 公式ブログ」2016年1月25日の記事を転載させていただきました。転載を快諾いただいた田原氏、田原事務所に心より感謝いたします。オリジナル原稿をお読みになりたい方は、「田原総一朗 公式ブログ」をご覧ください。


タグ:
アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑