私立!桜丘高校卒業式。5つのカルチャーショック

2016年02月20日 13:30

豊橋の私学の雄、桜丘高校の卒業式にお招きいただいたので行って来ました。
160219_095214
ぼくは小中高大とずっと公立だったため、私立の卒業式ははじめての経験です。
結構、おどろきの連続だったのでレポートします。

衝撃その1.来賓が100人
受付で来賓名簿(席次表)をいただいたのですが、100人もいました。
160219_110643
議員(国県市)、 教育長、企業(就職先など)、公立中学校(卒業校)などなど。
そしてさすが私学、「評議員」なる肩書の方々も。

自分の高校(県立)の卒業式は、15年も前のことで来賓がどんなだったか、覚えていません。
現時点で、少なくともぼくのところに案内は来ていないので、市議の来賓はないかと。

ちなみに、地域の中学・小学校からはご案内いただいています。
高校の案内がないのは、県立だからかな。 

衝撃その2.その場で卒業証書手渡し
さて、こちらがスケジュール
160219_110612
 ここに書いていない隠れスケジュールがありました。

父母代表謝辞、のあとにアナウンスが流れ、

これから担任から、生徒ひとりひとりに卒業証書を手渡しします

壇上で渡すのでなく、各クラス(列)ごとに、担任から生徒ひとりひとりに手渡し。

ここまで静粛なムードだったのが一転、緩んだ感じに。
いい場面転換でした。

衝撃その3.送辞が合唱
よくあるパターンの配置ですが、卒業生が前方に、そして在校生が後方に座っていました。

送辞、卒業生起立! まわれ右!

こうなります。

そして在校生の合唱がはじまりました、「いいなあ」 と。
合唱が終わり、「いよいよ送辞か、どんな挨拶を・・・」

卒業生、まわれ右! 着席!

まさかの在校生代表あいさつなし。 肩透かし喰らいました。

衝撃その4.答辞がスライドショー
送辞が送辞なら、答辞も答辞でした。

卒業生、答辞!

気持ちよい音楽が流れ、「よしいよいよ代表あいさつ」と思いきや、スライドショーが始まりました。 しかも、五七五。

毎月11日に豊橋駅前で街頭募金をしていることを踏まえ、
160219_105615
と言った真面目なものもあれば、
160219_105633
こんなものや、
160219_105655
こんなものまで。
さながらサラリーマン川柳。

もちろん最後にはうるっとさせるすばらしい構成でした。

衝撃その5.エンドロール
そして、スライドショーの最後にまさかのエンドロール。
160219_105900
しかもずっと企業名。

こ、これは・・・スポンサー?

と思いきや、その後には大学名が続き・・・、察するに卒業生の進路。

最後には合格発表を待ちのため、まだ進路が決まっていない、仲間への激励メッセージも。

というわけで、とても素敵な卒業式でした。

お招きいただき、ありがとうございます。
160219_094101
これから、市内の女子高の卒業式なども控えているため、そちらも楽しみです。

では!


愛知豊橋・長坂なおと のblog より

プロフィール
長坂尚登|1983年愛知県豊橋市生まれ。
地元の時習館高校卒業後、東京大進学、コンサルティング会社で働き、10年間東京で過ごす。2012年にUターンし、商店街マネージャーとして、豊橋のまちなかを奔走。2013年から内閣官房より地域活性化伝道師を拝命。
2015年商店街マネージャーを退職し、豊橋市議に立候補。新人トップ当選で、現職(無所属)フェイスブックページ

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑