参院選の投票日はできるだけ遅い方がよい

2016年04月07日 06:00

議会事務局から議員宛にこんなFAXが届きました。
160404_01
豊橋市長選の投票日が、11月13日(日)に決まりました。

元々、11月6日(日)か11月13日(日)のどっちかだろう、って話だったので、日程自体は、「遅い方に決まったかー」くらいの感想しか持たないわけですが、それよりも、「選挙日程って、選挙管理委員会が決めるんだ!」という方が小さな発見でした。

さて、投票日が11月13日(日)に決まりました。 みなさん、ご存知のように、今夏の参院選から選挙権が18歳からになります。

つまり、11月14日(月)生まれまでが、投票できます。

・・・えっ? と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、そうなんです。

有名な例だと、「4月1日生まれはひとつ上の学年」というのがありますが、これと元は同じで、「誕生日の前日に、年齢が上がる」という年齢の数え方ルール※のため、投票日翌日の14日(月)生まれまでが、投票できるようになります。

※「年齢計算ニ関スル法律」 厳密には、誕生日の前日の24時に年齢が上がる

豊橋の人口は、だいたい1学年が3,000人ちょっとなので、9名前後が該当するでしょう。

さて、豊橋市長選よりも4ヶ月も前なのに、未だ日程の決まっていない2016年の参議院選挙。 報道などで候補日と言われているのが、

  • 7月10日(日)
  • 7月17日(日)
  • 7月24日(日)

なので、7月11日(月)、18日(月)、25日(月)生まれのみなさん、油断しないようにー。

今年18歳になる人口は、約120万人ということですので、誕生日1日で3,300人ちがいます。 逆に言えば、投票日が7月10日(日)か24日(日)かで14日ちがうと、それだけで投票できる98年生まれが4.6万人変わります。

ぼくとしては、より多くの高校生がこの「18歳選挙権」のスタートを、18歳で迎えてほしいので、投票日はできるだけ遅く、つまり24日(日)がよいです。

ちなみに、参院選の投票日は選挙管理委員会ではなく、内閣≒与党の国会議員らが決めることになっています。

have a good vote!!!

では!


愛知豊橋・長坂なおと のblog より

プロフィール
長坂尚登|1983年愛知県豊橋市生まれ。
地元の時習館高校卒業後、東京大進学、コンサルティング会社で働き、10年間東京で過ごす。2012年にUターンし、商店街マネージャーとして、豊橋のまちなかを奔走。2013年から内閣官房より地域活性化伝道師を拝命。
2015年商店街マネージャーを退職し、豊橋市議に立候補。新人トップ当選で、現職(無所属)フェイスブックページ

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑