自民・公明の協力と民進・共産の野合はここが違う

2016年04月29日 19:00

このふたつの協力関係を一緒にする人がいるが、三つの点で全く違うことを確認したい。

①自民が公明と組むと中道寄りになって国民の平均的希望に近づくが、民進が共産と組むと極左にふれて国民の常識から離れる。

②自民党も公明党も民進党も維新も、社民党だって欧米的な民主主義の枠内だが、共産党はスターリン主義から脱皮せず、せいぜい南米の独裁的左翼政権に近い自由と民主主義への対立政党だ。

③自民と公明の連立はきちんとした政策協定を結んだものだが、民進と共産は安保法制という単一政策共闘。これでは、法案が通るかどうかは、共産党の胸三寸になってまともな国家運営はできない。


編集部より;この原稿は八幡和郎氏のFacebook投稿にご本人が加筆、アゴラに寄稿いただました。心より御礼申し上げます。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
八幡 和郎
評論家、歴史作家、徳島文理大学教授

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑