復興五輪らしい2020年東京オリンピック・パラリンピックに

2016年10月21日 06:00
小池&バッハ

IOCのバッハ会長と面会した小池知事(都庁サイト「知事の部屋」より:編集部)

東京オリンピックの主宰者はIOCと東京都だ、などとちっぽけなことに拘らないで、日本の国家的行事に是非位置付けてもらいたいものだ。

安倍総理は、その気でいるはずである。
これまでどうも財政当局の消極姿勢が気になっていたが、オリンピック担当大臣の丸川さんがいるくらいだから、もっと国が前面に出てきていい。

単なる東京オリンピックではなく、日本の国民が一丸になって開催するオリンピック、パラリンピックだと思わせるような素晴らしい事業に仕上げてもらいたいものである。

そういう意味では、彩湖は外していいように思う。
彩湖にしたのでは、単に経費を削減しただけ、オリンピックの競技者や競技団体の便宜を図っただけということになり、復興五輪らしい事業に仕立てることは出来ない。

バッハ会長の提案は、重要である。

なぜ2020年オリンピック・パラリンピックを日本で開催することになったのか、というそもそもの理由を私たちに突き付けてくれている。

単なるおもてなしではなく、復興五輪という位置付けがあったから次期オリンピック・パラリンピックの開催地に日本が選ばれた、ということだ。

そうでなければ、リオオリンピックの閉会式に安倍総理がスーパーマリオに扮して登場する理由がそもそもなかった。

どうやら2020年東京オリンピック・パラリンピックは安倍総理で迎える準備が整い始めたようである。

安倍総理が表舞台に登場するのであれば、国は応分の負担をし、具体的なオリンピック事業についてもっと関与していいはずだ。

オリンピック担当大臣にもっと出番を与えるのも、安倍総理の大事な役割だろう。

この際、小池知事と協力してすべてを仕切り直してもいいくらいだ。


編集部より:この記事は、弁護士・元衆議院議員、早川忠孝氏のブログ 2016年10月20日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は早川氏の公式ブログ「早川忠孝の一念発起・日々新たに」をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑