その場にいない人への罵詈雑言の嵐…これでいいのか都議会っ‼︎※自民党に限る

2016年11月19日 11:01

こんにちは、おときた駿@ブロガー都議会議員(北区選出)です。

昨日は長丁場のオリパラ特別委員会の質疑が行われました。質疑対象は五輪調査チームが提案している3施設(海の森競技場、アクアティックセンター、有明アリーナ)の見直し案についてです。

※都政改革本部・五輪調査チームの資料はこちらから
http://www.toseikaikaku.metro.tokyo.jp/kaigisiryou03.html

上山信一教授が顧問を務める五輪調査チームが出した報告書なのですから、当人たちを呼んで質疑応答をすれば良いと普通の感覚なら思うのですが…

前回のブログでもご報告した通り、いくつかの会派の意向により参考人招致は見送られました

参考:情報・議論の流れに置いていかれる都議会…オリパラ委員会の質疑は10日後、豊洲市場委員会は未だに開催されず!
http://otokitashun.com/blog/daily/13233/

で、欠席裁判のように行われた今日の委員会質疑が、とにかくひどいものでした。何がひどいって、不規則発言(ヤジ)があまりにも多すぎる

それも質問している人間や答弁している都職員ではなく、その場にいない調査チームのことをひたすら誹謗中傷しているのだから、開いた口が塞がりません。

「いい加減な調査してんじゃね~よ~」
「ふざんけんなよっ!」
「○○じゃねーの!」

などなど、小学生レベルの罵詈雑言を、自民党都議が質問している間ずーっと自民党都議が言い続けるという理解不能な亜空間が生じる事態に。

5223233474886

あの「セクハラやじ問題」があってから、口汚いヤジはだいぶ少なくなっているので、こんな状態になっている委員会はオリパラ特別委員会くらいだと思います。

百歩譲って質問者や答弁者に対する「合いの手」や、間違いを指摘するヤジなら理解はできますが、その場にいない人間に対するヤジなんて単なる影口以外の何者でもありません。委員会という公的な場でやることでしょうか?

しかも先述のブログに書いた通り、呼ぼうと思えば上山信一教授を始めとする調査チームを参考人招致できたわけです。それなのに先送りにして招致を行わなかったのは、他ならぬヤジを飛ばしていた都議会自民党自身です。

…またこういうことをブログなどで書くと、

「議会のことを議会以外で発信する、けしからんやつがいる!」

と怒られるので、その後の自分の発言機会の時に、今回はこのようにキッパリと述べました。

最後に一言、意見を申し上げます。今日は調査チームの報告書の内容を中心とした質疑が行われたにもかかわらず、調査チーム本人たちの参考人招致がなかったため、その内容は極めて不十分なものになってしまっていると感じています。

特に本日、この場にいない調査チームに対して、発言者以外の委員から強い言葉で不規則発言が何度も発せられたことは極めて遺憾であり、そうであればこの場に参考人として調査チームを呼ぶべきであったと思いますし、この委員会の権限でそうすることも十分に可能であったはずです。

改めて、実りある質疑を行うために調査チームの早期の参考人招致を求めるとともに、議会・委員会では正々堂々、建設的な議論を行うべきとの意見を申し上げまして、私の発言を終わります。

※不規則発言=ヤジのこと

そしたら終わった瞬間に、自民党都議にめちゃくちゃ凄まれましたけどね!

…結局、どこでやろうと怒られることに変わりはなかったようです(脱力)。

今日の質疑のすべてが無意味というわけではありませんが、こんな影口だらけで小学生の学級会以下の委員会に、どれほどの価値があるというのでしょうか?

つくづく残念でなりません。

もっとタイムリーに委員会を開く、参考人招致を行った質疑を行うなどすれば、建設的な議論ができるポテンシャルはこの委員会にいくらでもあるはずです。

例えば昨日、最後に登壇した公明党のまつば都議の質問などが私はとても良いと感じまして、

「この3施設見直しをするにあたって、パラリンピック関係者から聞き取りが行われていないのではないか」
「ややもすると見直しが、『パラリンピック』を軽視する形で進んでいるのではないか」

との追及・提言は、非常に鋭くポイントを突いた価値あるものだと思います。

もし仮にこうした議論・提案が調査チームの報告書が最終採用される前に、調査チーム自身との間で行われていたら、

「結論を出す前に、もっとパラリンピック関係者の聞き取りを増やしましょう」
「パラリンピックを前提とした施設見直しを進めましょう」

といった具合に、建設的な形で提案に変更が加えられたかもしれません。

批判ばかりではなく都や調査チームにない視点から、問題提起や改善提案を行っていく。これこそが、議会・委員会に求められている本来のあり方ではないでしょうか。

都議会では公明党が議員報酬削減を打ち上げるなど改革が続いていますが、ほとんどの委員会で委員長ポストを占める都議会自民党だけが相変わらずこの体たらくでは、都議会改革は夢のまた夢です。

都民にとって価値ある議会へと生まれ変わるよう、引き続き議会内外で闘っていきたいと思います。

それでは、また明日。

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 33歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。

twitter
Facebook
LINE

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
おときた 駿
東京都議会議員(北区選出、無所属)

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑