「彼は英雄ではなく、犠牲者だった」

2017年01月07日 11:30

ドイツの首都ベルリンで12月19日、クリスマス市場で起きた「トラック乱入テロ事件」について、これまで判明した捜査結果(暫定)をまとめておく。捜査で新たな情報が明らかになった一方、メディアで報道されてきた情報が一部間違いだったことも判明した。

トラックテロ

▲トラックがクリスマス市場に乱入(独民間放送N-TVの中継放送から、2016年12月19日)

捜査結果で驚いたことは以下の2点だ。

①独「トラック乱入テロ事件」の犠牲者数が12人と2015年7月14日に発生した仏ニースの「トラック乱入テロ事件」の85人より少なかった理由は、ポーランド人のトラック運転手がテロリストのチュニジア人アニス・アムリ容疑者のクリスマス市場突入を阻止するために格闘した結果、トラックは60メートル走った後、左側に急きょ折れて止まったからだと報じられてきた。そのニュースが伝わると、ポーランドでは運転手は英雄と受け取られた。

トラック運転手の命がけの抵抗があったと報じられると、ドイツ国民の中でもトラック運転手に報奨金とドイツ連邦功労勲章を与えるべきだという声が高まっている。オンラインで署名運動が始まったほどだ。なお、トラック運転手( Lukasz U )の葬儀は12月30日、出身地のポーランド北西部のシュチェチン市で挙行された。

遺体の司法解剖の結果、運転手は事件発生(クリスマス市場突入)3時間前に頭部をピストルで射殺されていた。すなわち、運転手はアムリ容疑者とは車内で格闘はしていなかったのだ。換言すれば、トラック運転手は英雄ではなく、犠牲者だったことが判明した。

②それではアムリ容疑者はなぜ突然、市場乱入後、トラックを左側に切り、止まったのか。
捜査結果によると、トラックに設置された緊急停止装置が作動した結果という。例えば、昨年7月に起きたフランス南部ニースで起きた「トラック乱入テロ事件」の場合、トラックには緊急停止装置が設置されていなかった。緊急停止装置はトラックが何かに衝突した時、自動的に作動するようになっている。ベルリンのトラックは新型(Scania R450)であり、ニースは古いタイプのトラックで緊急停止装置は設置されていなかった。

蛇足だが、ニースの場合、市中心部のプロムナード・デ・ザングレの遊歩道だ。直行できるが、ベルリンの場合、クリスマス市場であり、両サイドは露店が並び、道幅は狭い、という犯行状況の差が事件の犠牲者数に反映したとも考えられる。

当方はこのコラム欄で「大型トラックは無差別テロの武器」(2016年12月21日参考)を書き、イスラム過激派テロ組織が大型トラックをテロの武器として利用するケースが増えるだろうと指摘したが、ベルリンのトラックのように、全てのトラックが緊急停止措置を設置すれば、最悪の事態を回避できる可能性が高まるわけだ。

なお、ポーランドのトラック運送会社社長は「GPSの位置情報によると、イタリアからベルリンに到着後、数回トラックが動いていた」と証言していた。多分、アムリ容疑者はトラックを奪った後、犯行現場に行く前に試運転していた可能性が考えられる。

ベルリン「トラック乱入テロ事件」の概要

【アニス・アムリ容疑者のプロファイル】

チュニジア人のアニス・アムリ容疑者(24)は2011年、チュニジアから友達と共にイタリア領最南端の島、地中海のシチリア島南方にあるランぺドゥーザ島に難民として収容される。しかし、窃盗や放火の罪状で有罪判決を受け、シチリア島東部のカターニア(Catania)とパレルモで4年間、刑務所生活を体験。2015年5月に釈放された後、7月にはドイツに入り、国内を転々としながら、今年2月からベルリンに住んでいた。今年6月、難民申請したが、却下されている。アムリ容疑者の身長は178センチ、体重75キロ、髪は黒く、目は茶色。

【トラック乱入テロ事件2016年12月19日】

ドイツの首都ベルリン市中央部にある記念教会前のクリスマス市場で19日午後8時ごろ(現地時間)、1台の大型トラックがライトを消して乱入し、市場にいた人々の中に突入しながら60メートルから80メートル走行。これまで判明しているだけで12人が死亡、53人が重軽傷を負う事件が発生した。

独連邦検察庁は先月21日、トラックの中にアムリ容疑者の身分証明書(独・Duldungsbescheunigung)と携帯電話が見つかったことからアニス・アムリ容疑者をベルリンの大型トラック乱入テロ事件の実行犯と見なし、その行方を追うと共に、公開捜査に踏み出し、実行犯逮捕に繋がる情報を提供し た人に10万ユーロの報奨金を与えると発表した。トラック内に容疑者の指紋が見つかった。

【アムリ容疑者の逃避行】

アムリ容疑者は犯行直後もベルリンにいたが、列車でオランダ経由でフランス東部リヨン市、シャンベリに入り、そこからローカル列車に乗り換え、イタリアのトリノに移った(駅構内にいる容疑者の姿が監視カメラに写っていた)。列車で23日午前1時頃、ミラノに到着し、地下鉄Mi線で終点のセスト・サン・ジョヴァンニ(Sesto San Giovanni)で下車。同日午前3時頃、同駅周辺を歩いているところを2人のイタリア警察職務質問を受けた。身分証明書も所持していなかったアムリはリュックサックからピストルを持ち出し、1人の警察官に発砲。もう一人の警察官が打ち返し、射殺した。2人のイタリアの警察官は通常のパトロール中で、男がベルリンのテロ事件の重要容疑者であるとは知らなかった。容疑者は複数の携帯電話、多くのSIMカードと1005ユーロの現金を持っていた。

イタリア側の発表によれば、射殺された男の指紋が公開捜査中のアムリ容疑者のものと一致したという。同テロ事件は発生から4日後、重要容疑者の射殺で幕を閉じた。

なお、イタリアの日刊紙コリエーレ・デラ・セラ(12月30日付)は、容疑者がトリノ駅で「ミラノからローマ行きやナポリ行きの列車について通行人に聞いていた」という目撃者の証言を報じている。容疑者はローマか南部に行く予定だったのではないかと推測されている。ローマ日刊紙イル・メッサジェロによれば、容疑者はローマ近郊のラティウムには知り合いがいたという。ちなみに、セスト・サン・ジョヴァンニからはイタリア南部、スペイン、モロッコ、アルバニア行のバスが運行している。

【事件が残した問題点】

アムリ容疑者は欧州治安関係者にとっては無名の人間ではなく、「危険人物」と見なされてきた。例えば、モロッコの情報機関は今年9月と10月2度、アムリ容疑者がテロを画策している危険性があると通達していた。にもかかわらず、容疑者は拘束されることはなく、自由に移動を繰り返していた。ベルリンからミラノまで逃避行で容疑者は3カ国、800キロ以上をコントロールされることなく動いている。

なお、メルケル独首相は先月23日、チュニジア人の送還手続きを迅速する意向を表明している、アムリ容疑者も本来、送還される予定だったが、本人が身分証明書を所持していないことから送還が遅れたという。


編集部より:この記事は長谷川良氏のブログ「ウィーン発『コンフィデンシャル』」2017年1月7日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方はウィーン発『コンフィデンシャル』をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑