前川元次官をヒーロー扱いする人を論破する

2017年06月02日 21:00

安倍首相の敵ならどんなモラルの低い人でも嘘つきでもヒーロー扱いにしたがる野党や一部マスコミには呆れるばかり。そういう人たちはよほど政権批判のタネがないのだろうと思います。批判する建設的なタネも、安倍批判よりポスト安倍を見据えての提案もいくらでもあるだろうと思うが、どうしてそっちに行かないのか不思議。

そんななかで、前川元次官についてFacebookで何度か書きましたが、非常に多くの「いいね」をいただいたので、紹介しておきます。

霞ヶ関で前川氏への支持はほとんどなし

フジテレビ「バイキング」に出演して加計学園問題を取り上げました。馬鹿なマスコミが霞ヶ関の安倍政治への反旗などと書いてますが、前川氏の言い分の程度が低すぎるものだから、現役のみならず、OBでも前川氏への賛同者はほとんどいません。

たしかに、安倍官邸が強力なことへの不満はありますが、守旧派で岩盤規制死守の権化でありモラルの上でも最低の前川氏へ同調はできません。それにもともと中曽根弘文さんの義兄が売りの人ですから政治の介入に反対のシンボルにはできません。

どうでもいいことですが、前川氏とパリ勤務が二年ほど重なっていることを発見。警察から大使館に出向していた友人にたしかにいたよと言われたのですが思い出せません。

不祥事退官後の“善行”を嗤う

天下り斡旋疑惑にもかかわらず8000万円もらってクビになって「毎日が日曜日」状態の前川次官が退屈しのぎと復活への深慮遠謀で、正体を隠して末端の教育現場でスタンドプレーをして、おそらくなら、「あの人の正体は前事務次官」と(本人か取り巻きが)噂を流させていたことが美談をして週刊文春やテレビが美談として流す立派なことか?本当に秘密にしたかったら変装するとか、地方の情報過疎地でやればよい。こういう見え透いた偽善が私は大嫌いです。

実態調査ならヤクザやスパイと付き合っても良いのか

実態調査といえば政府高官などが怪しげなところに出入りしても付き合ってもいいなら、ヤクザとだって薬の売人だってスパイとだって同じことになります。もし、よほどの事情があってそういうことをするとしても、あとで誤解を生じないように、一緒に誰かと行くとか、短時間、一回だけにするとかいろいろ工夫しそうなものです。一人で何十回も行ったり接触したりすれば他の客と同じ目的と解釈されて文句言えないと思うのですが。

出会い系バーに通い詰めてよく家庭が持つものだ

出会い系バーへ通い詰めてお持ち帰り料払って特定の女の子を30回も連れ出して毎回小遣いをやったが、相手の子はそれ以上のことはやってないと言っているとしたとき、前川夫人が心底信じてくれるとしたらよほど出来た人です。

これは、少し別の話題ですが。

文部省OBの前知事が安倍首相の圧力否定

愛媛県の加戸前知事は文部科学省OBでたいへんな人格者。その彼が民進党政権から安倍政権になって獣医学部新設はむしろ遅れたのであって安倍首相の意向でできたのはおかしいと明言しています。

文部科学省の大先輩から見ても前川氏の主張は印象操作の塊のようです。要旨は以下の通り。

・新今治市が誕生後は加計学園による獣医学部新設の話が持ち上がり、市の学園都市構想の実現と県が求める獣医師の確保の一石二鳥ということで飛びついた。構造改革特区で提案したが、日本獣医師会の反対などがあり実現しなかった。

・(09年に)民主党政権に変わり、当時の県選出国会議員と文科省へ陳情に行って好感触を得るなど風向きが変わったと思ったら、政権交代で逆戻りした。その後、国家戦略特区ができ、死にかかっていたのを呼び戻された感じだ。—安倍首相の意向については。安倍首相が加計学園の理事長と友人だからと(意向を)言っていたとしたら、10年、5年前に(獣医学部が)できたはず

※アイキャッチ画像はANNニュースYouTubeより(編集部)

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
八幡 和郎
評論家、歴史作家、徳島文理大学教授

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑