現在の民進党に大方の国民が魅かれない理由

2017年07月09日 06:00

民進党公式サイトより(編集部)

民進党にもそこそこ頑張ってもらった方がいいと思っているのだが、今回の東京都議会議員選挙の結果を見ると、残念ながら現在の民進党に劇的な党勢回復力があるようには思えない。

蓮舫さんの自民党や安倍内閣を攻撃する舌鋒の鋭さには定評があるが、結局はその力は共産党や都民ファーストの勢力の拡大に資するだけで、民進党固有の支持勢力はどんどん小さくなっていく一方のようである。
衰退する一方の組織の崩壊を食い止める方法は、私は知らない。

代表の顔を変えれば何とかなる、という類のものではもはやないだろう。
野党第一党と言いながら、現時点では東京では公明党、共産党の4分の1くらいの勢力しかない。

いまさら蓮舫さんに崖から飛び降りてみたら、などと言っても遅い。
蓮舫さんが参議院議員を辞めて来年の衆議院選挙に東京の意選挙区から立候補するという話があるが、お止めになった方がいい。

崖から飛び降りても、今の状況ではまず這い上がれる見込みはない。
崖から飛び降りろ、と他人はよく言うが、先の展望が何もないのに、本当に崖から飛び降りるものではない。

目眩しにでも逢わなければそういう無謀なことはしないとは思うが、蓮舫さんの周りにはどうも先が見えていないような人が多いらしく心配である。
やはり目が見えている人たちの話をよく聞かれることである。

何もしなければ、結局民進党は解体、消滅への道を歩むことになると思う。
自民党以上に民進党の危機は深刻である。
まずは、そのことに気が付かれるべきである。

ちなみに、部外者の私から見ていて一点指摘しておきたいことがある。
蓮舫さんは舌鋒鋭く相手を攻撃するのはいいが、眉間に皺が寄ったような写真が多く、美しい人だけに逆にご自分の魅力を半減されているところがある。
自分がどんな表情をしているか、ご自分ではなかなか分からないだろうが、鏡を見る習慣があれば気が付くはずなのだが。

まずは、自分の表情に現れた険をどうやって取り除くかということを研究された方がいい。
まあ、余計なお世話だろうが。


編集部より:この記事は、弁護士・元衆議院議員、早川忠孝氏のブログ 2017年7月8日の小池百合子氏関連の記事をまとめて転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は早川氏の公式ブログ「早川忠孝の一念発起・日々新たに」をご覧ください。

タグ: ,
アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑