小池さんは、野田数氏を代表にしたのは間違いだろう

2017年07月08日 19:00

野田数氏旧公式サイトより(編集部)

いずれ撤回される人事だと思うが、こういう間違いは早目に正しておくことだ。

野田という人の風貌は如何にも剛腕小沢氏と通じるところがあるから戦には滅法強いだろうが、小池さんほどのメッセージ発信力があるようには思えないから、メディアに登場させるならもっと清新な魅力を発揮しそうな人に代えた方がいい。

野田さんの単独インタビューがどれだけ成功したか疑問である。
メディア対策には長けているはずの小池さんにしては、ちょっとミスキャストのような気がしている。

都民ファーストの今回の勝利は小池さんが自認されているとおり出来過ぎの勝利であって、ごく限られた人を除いて、候補者本人の力で当選した人など殆どいない、と言っても決して言い過ぎではない。

小池さんが引っ込んで野田さんという人が表に出てきてマイクを握れば、当選したほやほやの新人たちはあっという間に輝きを失ってしまうだろう。

野田さんが悪いというよりも、小池さんの力が大き過ぎる。

新人の議員たちが一人歩き出来るようになるまで小池さんが前面に立つ必要がある。

クールビズでノーネクタイというのは普通は悪くないのだが、多分一般の受けはよくない。
一日も早く考え直されることである。

うっかりすると、これが都民ファーストの致命傷になる。


編集部より:この記事は、弁護士・元衆議院議員、早川忠孝氏のブログ 2017年7月8日の小池百合子氏関連の記事をまとめて転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は早川氏の公式ブログ「早川忠孝の一念発起・日々新たに」をご覧ください。

タグ:
アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑