夏休みに読みたい一冊『命を救われた捨て犬 夢之丞」

2017年07月12日 11:30

殺処分直前に動物愛護センターから救い出された1匹の子犬。

臆病で人を寄せ付けず、散歩すら苦手。そんな子犬が、新米ハンドラーと共に訓練をこなし、災害救助犬として新たな一歩を踏み出す。

その過程を描いた金の星社の『命を救われた捨て犬 夢之丞』は、まさに生きる希望を与えてくれる。

_SX348_BO1,204,203,200_

この子犬が災害救助犬になれるかどうかはだれもわかりません。大切なのはこの子が生き残っていた、ということです。ぼくは今まで海外の紛争地帯をわたり歩き、たくさんの人の死を見てきました。だから、命があればそれでいい・・・」

「不得手しかない生きものはこの世にはいない。ダメだと思っていた夢之丞にもあったように、どんな犬にも人間にも、どこかしら「きらり」と光る何かがあるものだ。」

など平易な言葉が、深い感動を与える。この本は、小学5・6年生の夏休み推薦図書だが、大人が読んでもじーんと感動する。

夏休みにぜひ!

ハルク
(夢之丞のライバル・ハルクと筆者)

<井上貴至  プロフィール>

<井上貴至の働き方・公私一致>
東京大学校友会ニュース「社会課題に挑戦する卒業生たち
学生・卒業生への熱いメッセージです!

<井上貴至の提言>
杯型社会に、求められること


編集部より:この記事は、愛媛県市町振興課長(総務省から出向)、井上貴至氏のブログ 2017年7月12日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は井上氏のブログ『井上貴至の地域づくりは楽しい』をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑