200歳バスケ・400歳サッカー

2017年09月05日 11:30

バスケットボール、インターハイの元優勝メンバーと意見交換した。

「バスケを、サッカーのように盛り上げたい。」

熱い思いを伺いながら、掘り下げて、意見交換した。

そのときに思いついたのが「200歳バスケ」。

漫画『リアル』で有名な障害者バスケでは、障害レベルの重い者の順から1.0-4.5の持ち点が定められており、試合中コート上の5人の持ち点の合計が14.0を超えてはならないというルールがあり、さまざまな障害者が活躍している。

高齢社会。スポーツ選手のセカンドキャリアの観点からも「200歳バスケ」があれば面白いかもしれない。ルールは簡単。試合場コート上の5人の年齢の合計は常に200歳を超えなければならない

大学生のバリバリの現役生が出ると、他のチームメンバーの年齢は50歳や60歳になる。

年齢を重ねても、年齢に応じて、活躍の機会があればいいな。

11人のサッカーなら「400歳サッカー」とか。

もっと知りたい!
フランスの柔道指導者と交流して考えた「部活の在り方」

4eb2faa6[2]

<井上貴至 プロフィール>

<井上貴至の働き方・公私一致>
東京大学校友会ニュース「社会課題に挑戦する卒業生たち
学生・卒業生への熱いメッセージです!

<井上貴至の提言>
間抜けな行政に、旬の秋刀魚を!


編集部より:この記事は、井上貴至氏のブログ 2017年9月5日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は井上氏のブログ『井上貴至の地域づくりは楽しい』をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
井上 貴至
前鹿児島県長島町副町長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑