三流文化人の法則

2017年09月10日 11:30


気鋭のライター、紐野義貴さんのツイートに激しく胸を打たれた。まるで少し前の私のようじゃないか。いや、最近の私は育児・家事が忙しくて、人との交流ができていないのだが。

いや、よく言うと「若手をフックアップする」とか「次世代を育てる」ということなのだけど。悪く言うと、単なる延命でしかない。さらには「若い人のことをわかっている俺」アピールの材料でしかない。いつの間にか、その若い人に見透かされていたり、踏み台にされていたりして。その前に、お前が頑張れと。

胸に響いた。いや、若手を育てる余裕なんてないのだけど、まず自分が良い仕事をする。うむ。まだまだ若い。

これに関連して。「○○は俺が育てた」的な話も実は面倒だ。単純に漁夫の利ということもある。あと、当の本人は、育てられたと思っていなかったり、社交辞令でそう言っていたり。

まず、自分の現役期間がどれくらい続くか、頑張ろうぜ、という話。


編集部より:この記事は常見陽平氏のブログ「陽平ドットコム~試みの水平線~」2017年9月10日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は、こちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
常見 陽平
千葉商科大学国際教養学部専任講師

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑