今上陛下は明智光秀の子孫だった

2017年10月02日 11:30

「地形」を通じて歴史の謎に迫ろうという本がブームになって、私もそうしたものを書いているが、「系図」もそれ以上に雄弁に歴史の謎を解いてくれる。

そうした話をまとめて『「系図」を知ると日本史の謎が解ける」(青春新書)という本を書いてきょう発売される。

同族である新田と足利では新田の方が兄の子孫なのだが、足利の方が格上である。なぜかといえば、足利家が源頼朝の母の実家である熱田神宮神官と親戚だったこと、さらに、鎌倉時代を通じて北条氏から正室を迎え続けたからだ。

織田信長が平氏だとか、徳川家康が源氏だとか言う話しを嘘だといって、満足している人が居るが、そんなものば、意味がない。もし、それが、世間的に認められているのなら、戸籍に書いている内容と同じだ。

織田信長は、平氏だという前提で、足利義昭に北条氏のような執権的地位を要求し、それが不十分にしかかなえられないと、義昭を追い出して平清盛のようにふるまった。

徳川氏が新田氏系だということと、水戸光圀が「大日本史」で南朝を正統としたことと無関係とは思えない。

女系をたどっていくと、意外な先祖も出てくる。たとえば、細川護煕氏は六代前に細川宗家が断絶し、細川忠興の側室の子孫に移ったので、ガラシャの子孫ではない。

それに対して、今上陛下はガラシャと明智光秀の子孫であるようだ。関ヶ原のときに、嫡男忠隆の正室はガラシャとともに自決せずに、実家である前田家に非難したのだが、これが気に入らなかった忠興は、忠隆を廃嫡した。

その忠隆の娘で西園寺家に嫁いだものがあり、広幡家を経由して正親町雅子が孝明天皇の母となった。

したがって、この系統から、今上陛下は明智光秀、細川忠興、前田利家のDNAをひいている。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
八幡 和郎
評論家、歴史作家、徳島文理大学教授

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑