小泉進次郎氏の褒め殺しは、効きそうだ

2017年10月12日 06:00

選挙戦2日目、茨城県内に遊説に入った小泉氏

グズグズと出渋っている人を動かす一つの方法が、どやしつける、とか、尻を蹴っ飛ばす、というところか。

さしずめ、小池さんの「排除します」が、枝野氏を動かす大きな原動力になったのだと思う。

それでは、小泉進次郎氏の「感謝します」はどうだろうか。

小泉進次郎氏はえらく小池さんに感謝しているようだが、感謝される小池さんにとっては実にやり難い相手である。明らかに皮肉の意味を籠めて「感謝します」と言っているのだが、感謝すると言っている相手を遣り込めるのはさすがの小池さんもやり難いだろう。

小泉進次郎氏も応援演説の名手である。
聴衆の皆さんは、これを聞いてドッと来るはずである。

なかなか上手な「褒め殺し」である。
小池さんにとって強敵であることは、間違いない。

さて、小泉進次郎氏の「褒め殺し戦術」をどうやって無効化するか。

まあ、それが「褒め殺し」だ、ということをご本人に認識させるのが一番手っ取り早いだろう。
「褒め殺し」だ、と本当のこと指摘されれば、演説の上手な人は二度と同じような物言いはしなくなるものである。

ご参考までに。


編集部より:この記事は、弁護士・元衆議院議員、早川忠孝氏のブログ 2017年10月11日の記事をまとめて転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は早川氏の公式ブログ「早川忠孝の一念発起・日々新たに」をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑