なぜエコノミークラスの人まで、先を争って搭乗しようとするのか?

2017年12月20日 11:30

ビジネスやプライベートで飛行機に乗る場合、国内の短距離ならエコノミークラスを利用することが多くなります。

空港でフライトの搭乗案内が始まった時いつも不思議に思うのは、なぜエコノミークラスに行列をしてまで早く席に着きたいかと言うことです(写真)。

エコノミークラスの機内に早く入ったところで、座席は既に決まっていますし、出発時間も、最後に乗った人と同じ時間です。

私は、エコノミークラスの利用の場合は、いつもラウンジや、待合室でギリギリまで待って、出来るだけ最後に機内に入るようにしています。

その方が狭い機内に閉じ込められるストレスの溜まる時間を少しでも短くする事が出来るからです。

ビジネスクラスの場合はシートによってどうするかを決めます。エコノミークラスに毛が生えたようなチープな座席の場合は、同じようにしますが、フルフラットの座席の場合は、早めに機内に入るようにします。早く行った場合の搭乗前のチェックもビジネスクラスは別レーンでスムースに入れ、機内も人が少なく、通路で待つことなく直ぐに席に付けます。出発まで座席をフラットにして、寝転がりながら、ウェルカムシャンパンサービスを受ければ快適です。

エコノミークラスで、先を争う理由の1つは、荷物の収納場所がなくなってしまうのが困るからかのかもしれません。しかし、これも後から乗って荷物を入れる場所がなかった場合、キャビンアテンダントが対応してくれます。無理に押しこまないで、通路に置いておくと彼らが必ず収納場所を探してくれるのです。

このように考えると、エコノミークラスに行列をして早く席に着こうとすることには全く意味はないように思えます。それとも、何か私が気がつかない盲点があるのでしょうか?

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 新刊「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計19万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2017年12月20日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑