【映画評】嘘を愛する女

2018年01月22日 06:00
嘘を愛する女

キャリアウーマンの川原由加利は、研修医の恋人・小出桔平と付き合っている。同棲5年目のある日、約束の場所に現れなかった桔平が、くも膜下出血で倒れ、こん睡状態になったと聞き病院に駆けつけるが、警察から、桔平の運転免許証、医師免許証は偽造で、名前も職業も偽っていたことを知らされる。ショックを受けた由加利は、私立探偵・海原を雇い、桔平のことを調べてもらうが、やがて桔平が執筆中だった小説が見つかり、そこから瀬戸内のどこかに桔平の故郷があると判明。由加利は海原と共に桔平の秘密を追っていくが…。

新しい才能の発掘を目指してスタートした第1回「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM」でグランプリに輝いた企画を映画化したミステリアスなラブストーリー「嘘を愛する女」。愛する人は、いったい何者なのか?という謎を追う本作は、すべてが嘘だった恋人の素性を探るプロセスで、ヒロインが変化していく物語だ。ゴスロリ美少女や、執筆途中の小説、瀬戸内の島の灯台などがヒントになる。世話好きで優しい桔平を演じるのが、人気急上昇中の高橋一生。この人の、どこか影のあるたたずまいや、笑顔の中に悲しみを秘めたような表情が、役柄にとてもあっている。

物語はミステリー仕立てなので、詳細は明かせないが、前半がサスペンスフルで緊張感があるのに、後半(特に終盤)は、トーンダウンしてしまうのが残念。桔平の抱える秘密はなるほど悲劇ではあるが、問題は、由加利と桔平の同棲の始まりの不自然さや、大人同士が5年も一緒に暮らしていて何も気づかないとは…という疑問など、設定にリアリティを欠き、共感できないことだろう。実在の事件にインスピレーションを得たといっても、どうにも感情移入できなかったのは事実。タイトルの“嘘を愛する”危険な運命というニュアンスも少し違う気がする。謎めいた疑惑で始まるが、着地点は少々拍子抜けしてしまった。長澤まさみ演じる由加利と、吉田鋼太郎扮する探偵のバディ・ムービーとして楽しむと、意外な味わいがあるかもしれない。
【50点】
(原題「嘘を愛する女」)
(日本/中江和仁監督/長澤まさみ、高橋一生、吉田鋼太郎、他)
(ラブストーリー度:★★★☆☆)


この記事は、映画ライター渡まち子氏のブログ「映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評」2018年1月21日の記事を転載させていただきました(アイキャッチ画像は公式Twitterから)。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑