アメリカ人の飲酒オンライン・ショッピング平均額、2017年は2倍!

2018年03月19日 08:00

日本でも、夜中のTVショッピング番組で勢いで買い物してしまった方は多いでしょう。アメリカではオンライン・ショッピングの比率が高まるなか、飲酒しながら買い物する人々が増加中。朝起きたら、銀行やクレジットカードから大口の買い物アラートが届き、顔が真っ青になってしまうケースも少なくないのだとか。

買い物比較調査会社ファインダー・ドットコムによれば、いわゆる酒飲みオンライン・ショッピングでの平均支出額は2017 年に448ドル。決して低い金額ではありません。それどころか、2016年から倍増しているというから、衝撃的ですよね。

米国小売売上高にみるネット比率は、2017年9月末時点で9.1%と過去最高。

online
(作成:My Big Apple NY)

買い物と言えば女性と思ったあなた、それは偏見ですよ!女性の平均支出額282ドルに対し、男性は564ドルと女性の2倍に相当するのですから。特に40~50代を中心としたジェネレーションX(主に1965~81年生まれ)では738ドルと、ミレニアル層(1982~2004年生まれ)の206ドルの3倍に及びます。

お酒を楽しみながら、アメリカ人は何をご購入されているのでしょうか?トップ3は、以下の通りです。

1位:食品関連 61%
2位:服飾 26%
3位:ギャンブル 25%

アルコール自体の支出額も伸びており、ユーロモニターの調査では2007年の1,750億ドルから2016年には2,250億ドルへ増加しました。家計調査会社バリューペンギンによれば、アメリカ人世帯のアルコール支出額は年間970ドルで、食品・飲料支出3,935ドルの25%を占める状況。もしかしたらお酒を飲みながら、アルコールをオンラインでご購入というパターンも、少なくないのかもしれません。

(カバー写真:Sybren Stüvel/Flickr)


編集部より:この記事は安田佐和子氏のブログ「MY BIG APPLE – NEW YORK -」2018年3月18日の記事より転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方はMY BIG APPLE – NEW YORK –をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑