毎日12時間勉強を続けるコツ

2018年09月03日 06:00

「どうしたら、毎日12時間以上の勉強を続けることができるのか?」
司法試験合格後、よく訊ねられた。

単純に1日24時間から勉強時間の12時間を差し引いて、残りの12時間を「睡眠」「食事」「入浴」「移動」にあてろと答えたのでは身も蓋もない。1日12時間の勉強を1週間続けることなら、おそらく誰でもできるだろう。

しかし、それを1年以上続けるにはコツがある。

第一に重要なことは、できるだけ「トレードオフの機会」を少なくしてしまうことだ。
「どちらにしようか迷ったり、悩んだりする事柄」を意図的に減らすのだ。

私は、朝食はカロリーメイトとパックのグレープフルーツジュース、昼食はうどんとほうれん草、冷や奴にパイナップルと決めておき、図書館で座る場所も決めていた(先客がいれば、第二志望に迷わず座る)。
その日にやるべき課題も事前に決めておき、機械的に次々と消化していった。

「われわれ人間は、常にトレードオフに直面している」というのが経済学の原則だ。
「トレードオフの機会」を減らしてしまえば、時間の無駄もなくなる。

「毎日同じものを食べるのは栄養が偏る。真似はしない」と、某受験生に指摘されたことがあった。
どうやら、私の伝え方が悪かったようだ。私の意図は「トレードオフの機会」を少なくすることであって、「毎日同じものを修行僧のように食べろ」という訳ではない。

どうでもいいことに迷わないようして、余計なエネルギーを使わないようにするということだ。
スティーブ・ジョブズが、黒のタートルネックとジーンズで通したのも、余計なエネルギーを使わないためだったと言われている。

第二に重要なことは、日々の報酬を自分に与えることだ。
9時半の閉館時間近くになると図書館を追い出されたので、10時近くに夕食をとっていたが、毎日缶ビールを欠かさず飲んでいた(本試験前日も飲んでいた)。つまり、その日のタスクを無事に終えたら、後は自由時間にして自分を解放する。
その儀式が缶ビールと夕食だ。

週に2冊、漫画雑誌を定期的に購入していたのも、細やかな報酬の一つだ。

図書館は、朝8時半に開館して9時半に閉館なので、昼食時間を差し引いても12時間はしっかり勉強できる。
サラリーマン時代より早く帰宅してビールが飲めるのだから、何ら苦痛は感じなかった。

娘の中学受験勉強中も、塾のない日や土日は、勉強は8時で終わりして後は入浴してゆっくりと夕食を食べさせた。
好きなテレビやDVDも自由にたっぷり観ることができた。

このように、長丁場を継続していくのに細やかな報酬は効果的だ。
毎晩の寝酒を楽しみに、大学受験勉強をしていたという同級生もいる(昨今は未成年者の飲酒が厳しくなったので、決してオススメはしない)。

「今日は何をしようか?」などと迷うことなく早々に着手して、その日のタスクを終えれば細やかな報酬を与える。
このシステム化は、勉強や仕事だけでなくダイエットや運動にも役立つだろう。

毎日、決まった時間に決まったコースをランニングし、終わったら熱い風呂とビールというのも大いにアリだ。

目的を決めたら、それを妨げる「トレードオフの機会」を極力減らし、モチベーション維持のための「細やかな報酬」を確保する。人間は案外単純なので、これをしばらく続ければ習慣化できてしまうものだ。

強い意志力はさほど必要ではない。

騙されたと思ってしばらく試してみて欲しい。

最短で結果が出る最強の勉強法 (講談社+α文庫)
荘司雅彦
講談社
2014-02-14

編集部より:このブログは弁護士、荘司雅彦氏のブログ「荘司雅彦の最終弁論」2018年9月2日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は荘司氏のブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑