通信新時代の幕開け 5G公開ヒアリング速報

2018年10月04日 06:00

政務官として最後の大仕事は5G周波数割り当ての公開ヒアリングでした(10月3日)。通信各社の経営陣に参加していただき、各社からプランのプレゼンテーションがありました。個人的に注目したポイントを書き出すと、

・NTTドコモは、2019年9月から試験提供を開始し、2020年春から商用サービスを開始する。ラグビーワールドカップでの5G体験に期待大。

・KDDIは、IoTをグローバルプラットフォームに使って世界展開を狙う。地域が抱える様様な課題をIoTを活用して解決する。

・ソフトバンクは、遠隔操作により建設現場の作業を代行するなど人材不足の解決に寄与していく Boston dynamics をどう活かすのか、個人的には注目しています。

・楽天は、4Gエリアを展開する際に基地局のシステムをハードウエアとソフトウエアに分離し、仮想化する技術を使い、4Gから5Gへソフトウエアアップデートで実現する。

平成から次の元号への移行を前に、通信も次の世代へ移行していきます。数年に一度の新世代通信割り当てという歴史的な瞬間に立ち会えて、なんだか興奮しています。

景色が変われば意識も変わる。人口減少する中でも、5Gを基盤にテクノロジーを徹底的に社会実装していけば、将来も発展することができる。そんな前向きな気持ちをみなさんと共有できるよう、早期実現に取り組みます。

総務省の皆さん、通信会社の皆さん、まずはお疲れさまでした!

 

※参考 各社プレゼンテーションの様子

Docomo 吉澤和宏社長

KDDI 高橋誠社長

SoftBank 宮内謙社長

楽天モバイルネットワーク 山田善久社長


編集部より:この記事は、総務政務官、衆議院議員の小林史明氏(広島7区、自由民主党)のオフィシャルブログ 2018年10月3日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は小林ふみあきオフィシャルブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
小林 史明
総務政務官、衆議院議員(広島7区、自民党)

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑