「天皇陛下への暴言」は「丁寧な無視」の対象になるのか?

2019年02月11日 06:01

与党の重鎮である小野寺元防衛相が「丁寧な無視」を堂々と表明した一方で、韓国側の日本に対するやりたい放題は留まるところを知らない状態だ。

韓国の文喜相国会議長は、ブルームバーグとのインタビューで「一言でいいのだ。日本を代表する首相かあるいは、私としては間もなく退位される天皇が望ましいと思う。その方は戦争犯罪の主犯の息子ではないか。そのような方が一度おばあさんの手を握り、本当に申し訳なかったと一言いえば、すっかり解消されるだろう」と語った、とされる。

文喜相氏サイト、宮内庁サイトより:編集部

当たり前であるが、この発言は日本に対するストレートな侮辱であるし、既に慰安婦問題について日韓両国で合意した「最終的かつ不可逆的に解決された」という内容にも抵触する可能性がある。

本件は「丁寧な無視」が「何をされても抗議を行わないかことを意味するのか」、それとも「政府として行うべき抗議を粛々と冷静に行うのか」の試金石となるものだと言えるだろう。

筆者は韓国と本件でお互いに引けない一線を越えるべきだと主張しているわけではない。知りたいことは、日本国政府が日本国および日本国民の威信を保つ外交努力を正常に行っているか、という一点だけである。

外務省設置法には、第3条にその任務として

「外務省は、平和で安全な国際社会の維持に寄与するとともに主体的かつ積極的な取組を通じて良好な国際環境の整備を図ること並びに調和ある対外関係を維持し発展させつつ、国際社会における日本国及び日本国民の利益の増進を図ることを任務とする。」

と明記されている。

つまり、日本の国益を増進することが任務とされているわけであるが、本件に対する韓国への抗議ほど分かりやすい当該任務は他にはないだろう。仮に外務省によって韓国に対する抗議という当たり前のことがなされていない場合、与党は同条文を「国際社会における日本国及び日本国民の『誇りを守り、その利益の増進を図ること』を任務とする。」に改正する必要がある。

政府の不作為は立法の不作為に起因する。役人は法文に書いていない面倒臭いことは行わないものだからだ。

与党議員・野党議員は本件について国会で積極的に質疑するか、または質問主意書を提出することを通じて日本国政府が正常に機能しているかどうかを確かめてほしいと思う。それが立法府に属する国会議員の日本国民に対する最低限の義務としての仕事だろう。


編集部より:この記事は、The Urban Folks 2019年2月9日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
渡瀬 裕哉
国際政治アナリスト、早稲田大学招聘研究員

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑