「輸入された反ユダヤ主義」の脅威

2019年03月26日 11:30

オーストリア国民議会のヴォルフガング・ソボトカ議長は今月15日、国内の反ユダヤ主義に関する調査結果を発表した。

オーストリア国内の反ユダヤ主義に関する調査結果を発表するソボトカ議長(中央)ら(DiePresseより:編集部)

同調査はIfes世論調査機関が議会の要請を受けて実施したもので、16歳以上の国民2100人を対象にインタビューした。それによると、「オーストリアでは反ユダヤ主義はもはや消滅したと信じられてきたが、実際は至る所で見られる」という予想外の内容だった。調査は6つの質問に「イエス」か「ノー」と答える形式で行われた(表を参考)。

①ユダヤ人は世界を支配している

回答者       イエス   ノー

オーストリア人   39%  39%
トルコ系       63%  14%
アラブ系       64%  27%

②イスラエルが存在しなかったら、中東は平和

オーストリア人   11%  68%
トルコ系       51%  27%
アラブ系       69%  23%

③イスラエルはパレスチナを第2次世界大戦のドイツと同じように対応

オーストリア人   34%  37%
トルコ系       65%  12%
アラブ系       76%  17%

④ユダヤ人が歴史で迫害されるのは、ユダヤ人の責任もある

オーストリア人   19%  62%
トルコ系       50%  23%
アラブ系       40%  51%

⑤ユダヤ人か否か直ぐに判る

オーストリア人   11%  76%
トルコ系       41%、 40%
アラブ系       43%  50%

⑥強制収容所やユダヤ人迫害は過大に叫ばれている

オーストリア人   10%  78%
トルコ系       41%  30%
アラブ系       35%  51%

(出所・オーストリア代表紙プレッセ3月16日)

具体的には、国民の10%は「自分は反ユダヤ主義」という自覚を有し、約30%は無自覚だが、「反ユダヤ主義傾向がある」という。反ユダヤ主義傾向が強い国民は、オーストリアで生まれたか、10年以上オーストリアに住んでいるトルコ系とアラブ系出身者だ。

例えば、ユダヤ強制収容所やユダヤ民族迫害について「多くは過大に報じられていると思うか」の質問に対し、トルコ系は41%、アラブ系の国民は35%が「そのように感じる」と答えている。通常の国民は10%に過ぎない。ちなみに、トルコ系やアラブ出身の国民は目の前の国民がユダヤ人か否かを素早く識別できるという。

一般的な傾向としては、若く、高等教育を受けた国民は反ユダヤ主義傾向が少なく、右派的、権威主義的な国民は反ユダヤ主義傾向がみられる。良きニュースは、「ユダヤ人は世界大戦で迫害されてきた民族であり、オーストリアはユダヤ人を支援する道徳的義務を持っている」という見方が増えてきていることだ。

オーストリアでは終戦直後、「我が国はナチス・ドイツの犠牲国だった」と受け取り、ナチスの戦争犯罪への関与を久しく否定してきたが、フランツ・フラニツキー首相時代(1986〜97年)に、「オーストリアもナチス戦争犯罪の責任がある」と歴史の見直しが進められていった経緯がある。歴史の見直し作業を通じて、ユダヤ民族へのスタンスが改善されてきたわけだ。

同調査で非常に懸念される点は、「外国から輸入された反ユダヤ主義」の拡大だ。エッツシュタドラー内務次官は「この事実を看過できない」と警告している。

この調査では、2015年以降、オーストリアに殺到した中東・北アフリカ諸国からの難民、移民を対象とはしていない。彼らを調査対象とすれば、オーストリア国内の反ユダヤ主義は更に深刻となることは必至だ。彼らは主にイスラム教徒であり、反イスラエル、反ユダヤ主義が叫ばれている国の出身者だからだ。彼らがオーストリアで難民申請をし、認知され、国内に定着していった場合、反ユダヤ主義的言動が更に増加することは想像に難くない。明確な点は、彼らは潜在的な反ユダヤ主義の温床となる、ということだ。

問題は、オーストリアに既に定着したトルコ系、アラブ系の国民の反ユダヤ主義傾向だ。オーストリア日刊紙プレッセ(3月24日)は社説の中で、「特に、トルコ系の国民、オーストリアで生まれた移民の3世、4世か、成長した国民の中に反ユダヤ主義の傾向が顕著に見られる。彼らの中に激しいユダヤ嫌悪が見られ、彼らの多くはイスラエルの国家も否定している。その原因は、無知、偏見、宗教が絡んだ中東の政情の反映、反ユダヤ主義を政治的武器に利用する政治指導者たちの影響にある」と分析している。

例えば、トルコのエルドアン大統領は反イスラエル、反ユダヤ主義政策を政権寄りのメディアを通じて巧みに扇動し、国民に「イスラム教徒犠牲アイデンティティ」を煽っている。海外に住むトルコ系国民もその影響を受けているわけだ。

それだけではない。トルコ系の若い世代の反ユダヤ主義傾向はオーストリアの終戦後の歴史教育の影響も無視できないという。簡単に言えば、トルコ人はオーストリアでは歓迎されない民族だという歴史教育を小学校から頻繁に聞かされているからだ。その結果、若いトルコ系国民は自分たちはオーストリアでは歓迎されない民族だという鬱屈した思いが強まる一方、その反動として反ユダヤ主義に走る傾向がみられる。

まとめると、「輸入された反ユダヤ主義」の脅威とは、オーストリアに殺到したイスラム系難民・移民の潜在的な反ユダヤ主義と、トルコ系国民に見られるエルドアン大統領の反ユダヤ主義プロパガンダの政治的影響の2点が考えられるわけだ。

ウィーン発『コンフィデンシャル』」2019年3月26日の記事に一部加筆。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑