韓国議長が天皇陛下に再び謝罪要求:カズヤ氏「ネタの枯れない油田」

2019年03月27日 19:00

文喜相氏公式サイトより:編集部

韓国国会の文喜相議長は、27日付の韓国紙「ハンギョレ」新聞のインタビューで「誠意ある謝罪が一番重要だ。安倍(晋三)首相、または、日本を象徴する国王(天皇)が慰安婦のおばあさん(元慰安婦)に『申し訳ない』と一言言えば、根本的な問題が解決される」などと述べた(出典:時事通信)。

文議長は2月にも米ブルームバーグのインタビューで同様の発言をして日本国内の反発を呼んでおり、「逆ギレ」とも言える再度の発言。日本のネット世論は今回も反発する動きはあったものの、菅官房長官がこの日午前の記者会見で「コメントする気にもならない」と突き放した発言が拡散されるなど、呆れ気味に冷めた反応も目立った。

若手保守論客のYouTuber、KAZUYA(カズヤ)氏は「本当にネタが枯れない油田だなぁ…。」とぼそり。

石平太郎氏も「アホ記事のタイトルを見て笑ってしまう」と突き放し、アゴラ執筆陣の政治学者、岩田温氏は「この議長も意地になっているようだが、決して両国のためになる話ではない。日本人を怒らせるだけだ」と、呆れ気味に指摘した。


一般のネット民も

はいはい

ま~だゆうとるのか

といったスルーするコメントも相次いだが、右派のネット民を中心に日本政府に制裁を求める声も相次いだ。

また? 制裁して欲しいらしい
先ずはビザなし渡航の停止

これ以上侮辱を続けるならば制裁を検討する、ぐらい言えないのかね。

遺憾砲をいくら打っても何も変わりません。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑