南アの黒人女性で初のブランドを確立したワイン「ASLINA」

2019年04月08日 16:00

愛媛県でお世話になった社長さんの紹介で、南アフリカで黒人女性として初めて自らのブランドを確立したNtsiki Biyelaさんのワイン「ASLINA」の日本で初めての試飲会に参加してきました。


当日は、Ntsiki Biyelaさんご本人も来日。半生とワインへの思いを語ってくださいました。

アパルトヘイト(黒人隔離)が激しかった南アフリカで、黒人として初めて奨学金をもらって大学に行くことができたが、希望の化学工学ではなく醸造科に。その上、大学の公用語は白人のアフリカーンス語。黒人の言葉しか知らなかったNtsiki Biyelaさんは、当初、何も理解できなかったとのこと。

でも、しっかり学びたい。この機会を生かしたい。強い思いで、4年間で卒業して、ワインの醸造メーカーに。そして10年以上かけてご自身のブランドを立ち上げられました。

ワインは醸造家の人柄があらわれるとよく言われます。
すっきりと飲みやすいのですが、とても芯があるワインでした。

皆さんもぜひ。
こちらから申し込みできます。

もう少し知りたい!
サンフランシスコで100年以上続く老舗クラフトビールの正体

<井上貴至 プロフィール>


編集部より:この記事は、井上貴至氏のブログ 2019年4月8日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は井上氏のブログ『井上貴至の地域づくりは楽しい』をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
井上 貴至
前鹿児島県長島町副町長

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑