祝!タフラブCD化 NHKみんなのうた「変顔体操」両A面に!

2019年07月16日 06:00

当会では、依存症からの脱出の一助として「『タフラブ』の概念を広めよう!」と、昨年より活動して参りました。

タフラブというのは、依存症界では常識ですが、日本では一般の人にはあまり知られておらず、これが依存症問題を長引かせてしまう一つの原因になっています。

タフラブを我々は「自立した愛の形」と名付けていますが、つまりは

依存症者がやらかした問題を周囲の人は、尻拭いや肩代わりをせずに、本人の問題は、本人に責任をまっとうしてもらう!

という当たり前のことをやってもらうだけなんですね。

借金をしたら肩代わりせずに、自分で支払って貰う。
それによってブラックリストにのったり会社を解雇されることになっても、問題の結末を受け入れて貰う。

アルコールや薬物の作用によって会社をさぼったとしても、家族は代わりに会社に休みの届けの電話を入れたりしない。問題に直面化することで「変わりたい!」「こんな暮らしから脱出したい!」と、心の底から感じる経験を、しっかり味わって貰うんですね。

この経験があるからこそ、回復のためのつらいリハビリに向き合っていくことができるんです。

私自身もとにかく借金でどうにもならなくなってどん底を味わったお陰で、「もう二度とあんな生活には戻りたくない!」と、今も回復へのモチベーションを保てているんです。

だから「タフラブ」って本当に大切なんですね。

で、私たちは、一流のアニメーターと声優さんにお願いして、タフラブのアニメを作ったり

「タフラブ」という楽曲を作成して、アイドルグループ神宿さんにコラボして貰いMVを作成したりしました。

ちなみにエアロスミスのメンバーのお一人、スティーブンタイラーさんは薬物依存症から回復したことで有名ですが、エアロスミスさんもこの「(タフラブ)TOUGH LOVE」という曲を作っています。

そしてこの度!画期的なことには、現在NHK みんなのうたで流れている「変顔体操」とコラボして、タフラブのアカペラバージョンが両A面として7月10日に販売されたのです!

すごい~!と自画自賛してますが、私が子供時代からあった、あの「みんなのうた」とコラボ!
依存症でこんな日が来ようとは~!めちゃくちゃ嬉しいです。

歌って下さっているヨシザワコウタさんもTwitterで宣伝して下さっていますが、

神宿ちゃんのめちゃくちゃ可愛い「タフ♡ラブ」も評判が良く、なんとYoutubeでは10万回以上も再生されていますが、このアカペラバージョンも大人っぽくてとっても素敵です。

当会では、通常販売価格1,296円の所、1,200円(+送料140円)でお譲りしておりますので、是非、当会への支援もかねて、ご購入下さい。ご注文はメール info@scga.jp もしくはFAX 03-6222-8128 でお願いします!

そしてですね、自営業でお店やってます!なんて方は是非お店でこの曲をかけまくって欲しいのです。
またイベントのBGMとか、なにか映像を作成した時のBGMなどにも使って欲しいんですね。もちろんご自宅でも是非!「変顔体操」とのコラボですから、お孫ちゃんのプレゼントにも最適です!

とにかく目的は「タフラブ」の概念を広めること!
この概念を広めるっていうのは、世の中一番難しい事なので、
またしても難問にチャレンジしている訳ですが、皆さまの応援があれば不可能ではない!と思っております。

さらに!渋谷宮益坂IGビジョンと
0405

池袋リプレビジョン(シネマサンシャイン壁面)
vision_photo

の2か所で、本日15日より21日まで、1時間に1回15秒間「タフラブ」のCMが流れます。
あの液晶大画面に映るCMってやってみたかったんですよね~。

でもこんな貧乏団体でできるわけない!とあきらめていたんですが、こんな形で実現するとは!
本当に夢って叶うものですね。

S__52355186

S__52355187

S__52355185

みなさん、是非とも、現地に行って写真を撮り、SNSにUPして下さい!
宜しくお願い致します。

さぁ、今年こそ「タフラブ」で流行語大賞とれるように頑張るぞ!
どうかみなさんも「タフラブ」の拡散、宜しくお願い致します。


田中 紀子
公益社団法人「ギャンブル依存症問題を考える会」代表
国立精神・神経医療センター 薬物依存研究部 研究生
競艇・カジノにはまったギャンブル依存症当事者であり、祖父、父、夫がギャンブル依存症という三代目ギャン妻(ギャンブラーの妻)です。 著書:「三代目ギャン妻の物語」(高文研)「ギャンブル依存症」(角川新書)「ギャンブル依存症問題を考える会」公式サイト

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
田中 紀子
公益社団法人「ギャンブル依存症問題を考える会」代表

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑