河野氏が防衛大臣になるとしたら歓迎

2019年09月08日 11:31

河野太郎氏はいずれ総理になる大事な人材の一人だろうと思っている。

外務省flickrより:編集部

マスコミの報道では河野太郎氏が内閣改造で防衛大臣就任が濃厚になっているということだから、これが今回の内閣改造の目玉の一つになるかも知れない。

これまで防衛大臣の職は内閣の中ではやや軽んじられていたような気がしないでもないが、いずれは総理に就任するかも知れないと目されている政治家が防衛大臣に就任すれば、防衛省も自衛隊も一段と脚光を浴びる存在になるような気がしている。

日本を巡る安全保障の環境は、近年とみに厳しくなっているように思えてならない。

機微に渡る事項が多過ぎて、一般の国民は我が国の安全保障の環境にどういう問題があるのか知らないことが多いはずだが、軍事オタクと言われるごく一部の国会議員や自衛隊出身の特定の国会議員しか本当のことを知り得ないというのは大変な問題だろうと思っている。

河野太郎氏は、問題の所在を的確に把握し、その解決に向けて自分の出来る範囲で徹底的に努力する稀有の政治家の一人だと思っているので、河野太郎氏が防衛大臣に就任することを私は歓迎している。

色々なハレーションはありそうだが、日本の政治を変えて行くためには河野太郎氏の存在は結構重要である。


編集部より:この記事は、弁護士・元衆議院議員、早川忠孝氏のブログ 2019年9月8日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は早川氏の公式ブログ「早川忠孝の一念発起・日々新たに」をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑