風雲急!参院埼玉補選:選挙の鉄人と型破りの人との一騎打ち?

2019年10月09日 06:00

れいわの山本太郎氏の出番だろうと思っていたが、さすがにN国党の立花孝志氏は人の意表を突くのが上手い。
自民党が候補者を擁立することを断念した時点で大方の方は眠りについていたはずなのだが、これで皆さん、目が覚めたはずである。

立花氏YouTube、上田氏FBより=編集部より

これで選挙戦に一気に火が点く。

選挙の鉄人とまで評されるに至っている前埼玉県知事の上田氏も決して安閑としていられないはずである。
眠りについていた人たちを叩き起こさなくてはならなくなった。

現職の参議院議員が議席を擲って同じ参議院の補欠選挙に立候補するというのだから、異例中の異例である。
参議院議員のポストに執着する人にはおよそ考え付かないような発想をし、実際に行動に移すことが出来るのが立花孝志氏だ、ということかしら。

横紙破りかどうか分からないが、型破りであることは間違いない。
既成概念におよそ捉われるところがないから、そこが立花氏の強みなんだろう。

NHKをぶっ壊すためには何でもやる、ということだろう。

頭のいい人だ、という風評はかねてから聞いていたが、利用できる仕組みは何でも利用する、というその姿勢には一種の凄みがある。

上田氏を自分たちの陣営に取り込もうという自民党の秘めたる野望は、立花氏の登場で吹っ飛んで行ってしまうかも知れない。

ひょっとしたら、野党の皆さんが期待していた野党共闘・野党統一候補作戦も立花氏の登場でおかしくなってしまうかも知れない。

この作戦、どなたが考えられたのかしら。
一時期元自民党の衆議院議員の名前がマスコミに登場していたが、あれは陽動作戦の一種だったのか。

これで、これまで投票所に足を運ぶのを止めておこうと思っていた人たちのどの程度が投票所に足を運ぶようになるのか分からないが、いずれにしてもこの度の参議院選挙埼玉選挙区の補欠選挙に目が離せなくなったのは明らかだ。


編集部より:この記事は、弁護士・元衆議院議員、早川忠孝氏のブログ 2019年10月8日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は早川氏の公式ブログ「早川忠孝の一念発起・日々新たに」をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑