男子校化する維新学生部をレスキューせよ&茨城県取手市議選がスタート!

2020年01月20日 11:30

こんにちは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

1月19日は日本維新の会 関東学生部の勉強会からスタート。テーマは「情報公開」でしたが、教育制度改革やスマホ・ゲーム規制の話についても盛り上がりました。むしろそっちがメインだった疑惑。

終盤は今後の学生部拡大運動についても話し合ったところ、まあとにかく男子が多いよねと(苦笑)。

先日、岩田温先生が維新塾の講師にきた時にも質疑応答で「女性の政界進出」の話題が出てまして、

「専門外なので理由は明確にはわからないけど、そもそも学生の中で政治に興味を持つ女学生は圧倒的に少ない。ここを増やさないと、なかなか女性のボリュームは政界には増えないのでは(要旨)」

ということをおっしゃっていて、確かに『学生時代からの女性参画ボトムアップ』は重要だなと思いました。

例えば各政党が学生局・学生部を持っているわけですが、おそらく今のところ「女性の学生局長・部長」っていないはずなんですよね。女性閣僚誕生も重要だけど、こういうところも大事なわけで。

そんなわけで、維新学生部は(女性に限らずですが)新規勧誘活動を強化していきたいと思っています。

来月以降も工夫を凝らした様々なイベントを仕掛けていきますので、ぜひお気軽にコンタクトを取って参加して下さい。

「女性でも気軽に参加したくなる企画」も大募集です!(まず単純に、講師が女性議員の企画をするべきな気がする)

そして午後からは、茨城県取手市へ。今日から選挙戦がスタート。

日本維新の会は、「石井めぐみ」候補を唯一の公認候補として送り出しました。若くして4期目を目指す、将来を担う女性議員のホープです。

こうした統一地方選挙と時期がずれている選挙は、他地区から議員たちの応援が多くなるのが利点の1つでありますが、それにしても応援の地方議員数が多い!無所属を中心に超党派で、20名以上いたのではないでしょうか。

というのも石井めぐみ候補は、「全国若手市議会議員の会」の中心人物として活動、茨城県の代表も努めていたそうです。横のつながり・信頼関係をしっかりと構築してきたことがわかります。

上天気にも恵まれ、幸先の良いスタートが切れました。

しかし、厳しい戦いであることは間違いありません。取手市にお住まいの皆さま、お知り合いがいるという方、ぜひ「石井めぐみ」への熱いご支援を宜しくお願い致します!投票日は26日です。

いよいよ20日から国会が始まります。こちらも気合を入れて行きます!

それでは、また明日。


編集部より:この記事は、参議院議員、音喜多駿氏(東京選挙区、日本維新の会、地域政党あたらしい党代表)のブログ2020年1月19日の記事より転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方は音喜多駿ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
音喜多 駿
参議院議員(東京選挙区、日本維新の会)、地域政党あたらしい党代表

過去の記事

ページの先頭に戻る↑