東京都のコロナで亡くなった人全体の平均年齢79.3歳 = 寿命そのもの

2020年08月03日 06:01

わたしが主催しています「21世紀を生き残るための「永江 虎の穴塾」では8月度の塾生を募集しています。コロナ禍の間、希望者は毎月30分。わたしと1:1でzoomでブレストができます。ひとりずつ丁寧にやってますよ。そして本日の15:30から、京大のウイルスの専門家の宮沢先生の「ウイルス学基本講座」を開催します。
※事業・集客コンサルやサイト構築のご依頼も絶賛受け付けております。

東京都から6月にコロナで亡くなったかた(正確に言うと厚労省の通達によりコロナ以外が死因でも陽性ならコロナとカウントされる)の詳細が出ました。

6月までの死亡者 都が詳細公表

亡くなった人の平均年齢は79.3歳!!
男性平均は77.1歳、女性平均は82.9歳!!

平均はかならずしも中央値(全体の真ん中のとこ)ではありません。たとえば若い人が亡くなると平均年齢はかなり下がります。ですのでこの場合は中央値は平均より高くなります。東京都から中央値の数字はでてませんが、人数の割合を上から足していったときに90代までで19.7%・80代までで54.5%なので、中央値=「足し上げていって50%になるところ」ですから、80以上になることは間違いなく、おそらく81-83歳になると考えられます。
グラフにするとこんな感じ

最頻値は、「死亡した人を年代別に区切ったとき、どの年代が最も多いか?」で見るので、NHKの記事で言うと「80代は113人で34.8%」が最多。ということです。一番右の緑のとこ。

これがよく理解できない人は小学校5年の算数でつまずいているのでまずはこれやってください。わたしは塾の教師ではないのでそこから説明するほど暇ではありません。

日本の平均寿命は何歳かと言いますと

男性81.25歳・女性87.32歳……つまり、

コロナの死者はほぼ寿命

ということができます。80代以上にここまで集中する疾病は、「老衰」くらいしかないですよね。そう、コロナで亡くなっている人の大半は寿命で亡くなっているのです。東京都の死者の43%が院内感染です。

小学校5年の算数が分からない方は、「平均が79.3歳でもそれは平均だから若くて死ぬ人もいる」と言うのが目に浮かびますが、若くて死ぬ人がたくさんいれば平均ががくっと下がります。逆に100歳超えている人は1人もいないので、結論は「若くしてコロナで亡くなる人はほとんど日本ではいない」になります。

実際、日本全体でも20歳未満の死者はゼロ、東京は20代死者は1人で全体に占める割合は0.3%の重度糖尿病のお相撲さん。30代も1人で0.3%しかいません。ワクチンもあるインフルエンザのほうがよほど若い世代が死にます。

高齢者の延命と現役や子供たちの未来を交換するのかの選択

細野さんの記事
なぜ娘のキャンパスライフが奪われてしまうのか?高齢者の影響力が若者の3.4倍という選挙の現実。

ここまで言い切ってくれる政治家はほとんどいないと思うのですが、これは失礼な言い方ですが細野さんにはもはや組織の縛りもなければ、総理になる夢もなくなっているから言えることだと思うんですよ。つまり欲がなくなって本音になっている。

鈴木亘学習院大学教授は、各世代の年金・医療・介護に関して生涯に受け取る給付の総額から、生涯に支払う保険料の総額を差し引いた『生涯純受給額』を試算しています。

2000年生まれ(今年20歳) -3240万円
1945年生まれ(今年75歳)  3370万円

その差は何と6610万円!

現役や若い世代と高齢者は日本では平等ではないのです。高齢者のために若い世代が働いて稼いで納税して自分たちは払った額よりずっと少ないお金しか受け取れない。今回のコロナにかかった費用は国民1人が5万円を25年間納めるのと同等だそうです。これから自粛が続けばさらに負担額は何倍にもなります。年金暮らしの高齢者は払わない。現役が延々と払っていくのです。

極論を言えば、今回のコロナ禍は、とくに日本においては年金生活の高齢者の寿命をわずかに延ばすために、これから大不況になる中で歯を食いしばって働いていかないといけない若者や現役が何十年にも渡って税金を納めるのです。(国債をいくらでも発行して未来の子孫に払わせろという山本太郎のトンデモ信者はいつまでも妄想しててください)

それなのにどうしてマスコミや自治体の長は「高齢者を守るために経済を殺してもいい」という行動をとるのでしょうか。

テレビの視聴者の中心は高齢者であるというのはいまや常識。電通総研2018年レポート

テレビは自分たちの主要な客層である高齢者に向けて番組を作る。一日中健康番組やってるし、テレビショッピングは高齢車向けの青汁やグルコサミンやしみとりばっかり。高齢者は上の電通総研の表の通り、テレビしか見ません。だから田舎の高齢者はコロナに怯えきっている。東京の人間は全員コロナだと思っているし、かかったら死ぬと信じている。高齢者についていえばたしかにその確率は若者よりずっと高い。

わたしにツイッターで絡んでくるコロナ脳の大半が完全にテレビに洗脳されており「岡田晴恵先生の言う通り」から始まり「もっとテレビをを見なさい」まで言ってきます。岡田晴恵の言う通りなら今頃日本は死者の山のはずなのに、外れていることさえ気がつかない。これは完全に洗脳です。

2週間後に重症や死者が爆発するという人たちの予想はどうして外れているのか

官邸は日本の将来を考えることが仕事なので菅官房長官は頑張ってると思うが、知事に至ってはもともとの知的レベルがそれほど高くない人も見受けられるし、その前に次の選挙で勝つためには、自分に投票してくれる高齢者に「××さんのおかげで助かった」と手を合わせてもらわないといけない。子供や孫の世代がどんなに苦しもうと、その時は自分は任期が切れていて関係ないのです。

こうしたテレビや首長に躍らされて、自分が手痛い目に合う想像もつかずに一緒に「怖い、怖い」言っている現役や、20歳以下の死者ゼロなのにいまだに「子供が心配」といっている母親。子供の将来のほうがよほど心配ですよ。

4-6月GDP 新型コロナで記録的落ち込みか 調査会社予測

医療があるのも経済のおかげ。経済が本当に破綻したら健康保険も公立病院もなくなります。子供の将来もなくなります。いまの失業者を吸収できるのは介護業界しかないため、介護業界には人が溢れ税金が注ぎ込まれ、あなたのお子さんも老人の世話をすることになります。介護業界は飲食、サービス、製造とは異なり、投資にならないので日本はどんどん衰退します。快適になるのは高齢者だけなんです。社会に絶望してどんどん少子化が進みます。高齢者ばかりの国になるんです。

みなさんは本当にこれでいいんですか。
自分は高齢になってもこんな未来は望みませんよ。


編集部より:この記事は永江一石氏のブログ「More Access,More Fun!」2020年8月2日の記事より転載させていただきました。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

過去の記事

ページの先頭に戻る↑