ピーチのノーマスクマン飛行機下ろされ事件はピーチのチョンボ?

2020年09月10日 06:00

わたしが主催しています「21世紀を生き残るための「永江 虎の穴塾」では塾生を募集しています。コロナ禍の間、希望者は毎月30分。わたしと1:1でzoomでブレストができます。ひとりずつ丁寧にやってますよ。※事業・集客コンサルやサイト構築のご依頼も絶賛受け付けております。得意な分野はECサイト構築や商品開発です。実例はこちら

昨日はメルマガとnoteの日。noteは単体だと110円ですが年間のマガジンだと4054円なのでかなりお得になります。マガジンがオススメです。w

  1. わたしの生涯ベスト映画ランキングとは
  2. 仕事環境やツールは効率や収益に影響するか
  3. もし50代の未経験者にWeb制作の仕事を依頼するなら
  4. デリバリー専門カレー店の価格設定について
  5. 下請けの仕事は全て断るべき?
  6. クライアントの業績推移の確認方法

です。まぐまぐ!または、スマホで読む方はnoteでお買い上げいただけます。関係ないですがついでにInstagramもフォローしていただけると喜びます。最近はリールにはまってます。

いやあTwitterって面白いですね。

ピーチ機で乗客がマスク拒否、騒いで飛行機降ろされる(朝日新聞デジタル)

同社によると、客室乗務員が離陸前からマスクの着用を求めていたが、男性が拒否を続けたという。そのため、男性周辺の席の乗客を移動させた上で、約45分遅れの午後1時15分に出発。その後も男性は機内で大声を出したり、他の乗客と言い争ったりして、客室乗務員の注意も聞かず威圧的な態度をとったという。

この一報を見た時、自分も「これはさすがに引くわ」とSNS投稿した。

しかしピーチは前にも石垣島でやらかした会社のバニラと統合してるのであった。動画を見たらどうも様子が違っている。この時点で「マスクしてないのにすんなり乗せたピーチが悪いだろ」と思った。乗った後で強制ではないはずなのにCAは「マスクしないと飛べません」と何度もいっているではないか。この時点で広報の言い分と違う。

ノーマスクマンは冷静に話している。もともとピーチの広報は朝日新聞の取材に答えて

「マスクの着用は義務ではなくお願いベースなので着用しないからといって搭乗拒否できない。今回は大声を出すなど、機内の秩序を乱す行為があったので男性に降りてもらった」

と言っている。が、このCAさんはどう見てもお願いではなく強制モード。男性は「お願いははっきり承りましたが、聞くことはできません」と答えている。ほかの報道ではそもそも「マスクを付けていない人がいる」という他の乗客の声に押されたようだ。

自分も面倒くさいからマスクはするが、ノーマスクマンは「自分が納得しない謎ルールには従わない」という信念がある人で、それはそれでいいと思います。他人の迷惑になる。ルールに従えというコロナ脳も多いが、ピーチ自体が

マスクの着用は義務ではなくお願いベース

と言っているので、これだけでは強制的に下ろすことはできない。飛行中は機長の指示が絶対といっても、それは危険行為があった場合に限られる。裸踊りをしろと言われてしないからといって下ろすことはできない。合理的な理由がないといけないので、マスクをしないからといって下ろせないから、大声を出したという理由にしたと見られる。

厚労省のサイトでは基本的にマスクは咳が出る時のエチケットということになっており、症状も無いのにいつもしていろにはなっていない。

ところがSNSが面白いのはココ。ノーマスクマンからの逆襲が始まりました。

この方のツイートを見る限り、非常に理路整然として知的レベルが高いように見える。予想ではエンジニアか研究者か弁護士。w

まあ自分がこの立場なら面倒くさいからマスクは付けるし、理由は「非科学的だから」ではなく「呼吸器の疾患があってマスクすると発作を起こす」くらいにします。これならCAも強制できない大人の悪知恵です。w

しかし、この方も謝ったら死ぬマンらしく「3席空いている席があるので、そちらへ移動すればマスクはつけなくてもいいです」とCAが言ってるのを頑なに拒否しているのは×。相当に頭にきている感じですな。なんのために座席指定したんだとおっしゃっておる。

で、ここで出てきたのが

他の乗客からの私の尊厳を傷つける乱暴な発言

ということ。コレが本当なら、大声を出したのはノーマスクマンではなくて、他の乗客、いわゆるマスク警察です。
ピーチは2点においてミスを犯したように見えます。

1 お願いレベルのマスクをしつこく強要した
※CAに会社の方針がきちんと伝わっていなかった。

2 強制的に下ろすなら、せめてノーマスクマンと暴言吐いたのと2人共にすべき

ということです。要は機内は「ノーマスクマン対ほかの乗客全員」みたいな対立構造になったのではないか。そりゃ周囲から見たらウザいのは確かで、とっととマスク付ければいいのにと思うのは当たり前。

想定外だったのはこのノーマスクマンが骨のあるやつで、ピーチからの報道が一方的でおかしいと名誉回復を求めることまで想像しなかったこと。法的に争ってどうのこうのは知らないが、かなりのブランドイメージにはなりそう。もっともLCCだからブランドがあるかは知らない。いずれにせよ何分も違わないのに着陸して下ろした判断もどうかと思う。乗客同士の言い争いなんて頻繁にあるだろうから、ブラックリストにいれて次から乗せなきゃいいだけです。

普通に考えれば目的地まであと数十分なんだから飛んでしまって次回から拒否すれば良い。暴れ出したのならともかく、新潟に着陸して下ろすほどのものなのか。CAやクルーも熱くなりすぎたのではないか。

このマスク警察対ノーマスクマンはいろんな場所でこれからも続くだろう。レストランであればオーナーが勝手に気に入らない客を追い出せるが、交通機関の場合はそうはいかない。ましてやマスクは他人に感染を広げないためという前提があるが、そもそも日本では「感染は終息しつつある」とされていて、実際に陽性はガクベリです。

新規の毎日の陽性は日本人25〜50万人に1人しかいない。www もはや奇病の域。
ましてや飛行機はモニター体温チェックがあるから発症していたら乗ることはできない。無症状からの感染があるといってももともとコロナは他人にうつす人の比率は非常に低く、15分以上至近距離で話さないとだめ。知らないノーマスクマンのオッサンと機内で話し込むか??

これでいつまでマスクの強制を続けるのか、そこまで考えないとこの問題は終わらないよ。

コロナ禍では、確率や比率がわからないひとがこれほど多いのかと驚愕してます。せめて自分はそうならないように自信の無い方は勉強しておきましょうね。


編集部より:この記事は永江一石氏のブログ「More Access,More Fun!」2020年9月9日の記事より転載させていただきました。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

過去の記事

ページの先頭に戻る↑