「マニフェスト」か?「民意」か? - 松本徹三

2009年10月16日 20:47

案の定、新政権下での各省庁の予算請求は膨大なものになり、このままでは、またまた巨額の国債を発行してツケを子孫にまわすしかなさそうです。救いは、鳩山首相が、「もし国民の多くが、『国債発行を抑える方が、マニフェストの履行より重要』と考えるのであれば、マニフェストの厳密な履行には拘らない」という趣旨の発言をしていることです。これは、八ツ場ダムの建設中止に関連して、「マニフェスト履行」一辺倒の態度で終始した前原国交相の「能面のような対応」とは好対照でした。


前原国交相は、将来の民主党を担うべき人で、私を含め、期待する人は多いと思うのですが、あの対応は大変不人気だったと思います。朝日新聞が水没予定地区の住民に「建設中止」についての賛否を問うたところ、回答者215人のうち約7割弱がはっきりと「反対」と答えており、2割強が「どちらでもない」、「賛成」と答えたのは僅か1割だったと報道されています。

一般の国民にもし同じ質問をしたらどうでしょうか? 恐らくは、「住民の希望を尊重すべきだ」という意見と、「長期、短期の両方で、どちらが国にとって経済負担がより大きいかを詳細に調べた上で、工事中止の可否を決めるべきだ」とう意見が交じり合うのではないでしょうか?「住民が喜ぼうと悲しもうと関係ない。国の負担が合計で増えようと減ろうと関係ない。マニフェストに一旦書いたことは死んでもやるべきだ」と答える人は、先ずいないでしょう。それならば、何故前原大臣はそのような「民意」に従おうとしないのでしょうか?

一番良かったのは、もっと早い時点で中止を決めることだったことは、ほぼ間違いないと思います。しかし、ここまで工事が進んでしまった今となっては、「このまま工事を完成させてしまう」方が、「今すべてを止めて元の状態に戻す」よりは、経済的にははるかに利点が多い(負担が少ない)ように、素人目にも思えます。「いや、そんなことはない」と言う人もおられるでしょうが、それならば、「中止」「完成」の両方のケースの経済効果(負担)を、具体的に試算してみればよいでしょう。数字はごまかせませんから、簡単に結論が出る筈です。

どんな人にも見落としや勘違いはあるものです。しかし、重要なのは、途中で状況が変わったり、「当初考えていたことが間違いだったのではないか」という疑念が生じたりした時に、如何に対応するかです。有能な経営者なら、事態を冷静に分析し、もし方向転換が必要だと判断されれば、しがらみや面子にこだわらず、直ちに方向転換をします。国のリーダーとて同じであるべきです。

このことに限らず、今後も色々な局面で、民主党は「マニフェスト」と「その時点での民意」のどちらを優先するかを、常に決めていかなければならなくなるでしょう。そして、私は、鳩山首相以下の全閣僚が、迷いなく「民意」の方を優先してくれるように祈ります。

更に言うなら、もし私が民主党のリーダーなら、このあたりで、「民主党は、その『民主』の名の通り、如何なる場合でも『民意』に従って政策を決める。これまでの考えに誤りがあり、それを『民意』が指摘してくれたら、それを正すのに躊躇しない」と宣言するでしょう。そして、重要な案件については、色々なやり方で「国民の多数が何を求めているか」を聞き出し、これを参考にして方針を決めるでしょう。これは「直接民主主義」に一歩近づいた方針であり、多くの国民の支持を得るのではないでしょうか?

「『民意』等というものはあやふやで移ろいやすいものだ。一つ一つの事案について、いちいち『民意』を問うなどということをやっていたら、政策に一貫性がなくなり、長期的にはマイナスになる。ポピュリズムの温床となって、国策を誤りかねない」と言う人もいるでしょう。しかし、民意を問う過程で、十分な議論がオープンになされる環境が整っていれば、「民意」というものはそんなに間違った方向には行かないと思います。

現実に、今回の衆院選での民主党の大勝の原因は、必ずしも「子供手当」や「高速道路の無料化」等のバラマキ政策が受けたのではなく、とにかく長年の「自民党支配」「官僚支配」「土建事業を中心とした利権体質」を民主党が変えてくれるかもしれないという国民の期待によるものだと見る人は多いようです。テレビなどを見ていても、「バラマキ政策による国庫の破綻」を心配する声は巷に多く、私も「民意」は意外に健全だと思うことがしばしばあります。

そこで考えたのですが、「我々は、如何なる固定観念も持たず、どんな場合でも注意深く民意を問い、国民の欲するところに従って政治を行う」ということを明確に「党是」とするような政党がこれから出てくれば、選挙は常に安泰なのではないでしょうか? 

つまり、この政党は、「自らの信念やアイデア」を国民に対してプッシュするのではなく、「国民が求めることを正確に把握する為の精緻なプロセス」だけを作って、自らは「自然体」に徹し、「常に国民の多数が求めることのみを粛々と行っていく」という「全く新しいタイプの政党」になるのです。

この様な考えは、荒唐無稽なのでしょうか? 私は政治学というものを学んだことがないので、何か基本的な勘違いをしているでしょうか?

松本徹三

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑