市民事業・社会的企業に対する総合的な政策  ―前田拓生

2010年04月17日 17:05

市民事業・社会的企業へ市民の資金を回すための総合的な政策についてまとめたブックレットを発行しました(も執筆者として参加しています)。

奥田浩之/加藤俊也(編)『新しい公共を担う市民企業法人と非営利バンク』NPOまちぽっと発行


これは、田中優さんをはじめとする全国NPOバンク連絡会メンバーが多く参加して、2年間の議論の末、その内容をまとめたものです。

この中では、市民事業、社会的企業へ市民の資金を回すための総合的な政策として、下記のような内容を詳細に記載しています。

1.NPOバンク法の制定

2.出資型非営利法人制度の創設

3.NPOバンクや市民ファンドへの出資に対する税額控除
(社会的エンジェル税)

4.市民金融を支える公的ファンド
(アメリカのCDFIファンドを想定)

5.以上「1~4」をワンセットにした包括的政策

など

販売は「まちぽっと」で行っております(1冊1000円、送料別)。

よろしくお願いいたします。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑