日本の総死亡数増加傾向から見えてくることとは?

recep-bg/iStock

新型コロナの感染者数が減少方向に転じて約2ヶ月が経つ。非常に喜ばしいことだ。しかしその一方で、「日本人の総死亡数」は令和3年に入って増加傾向にある。

今回のコロナ禍、死亡数が大幅に増加した欧米先進国を尻目に日本は死亡数が減少傾向にあった。しかし一転、今年に入って死亡数が増加傾向となっているのだ。

厚生労働省:人口動態統計速報より
グレーの部分が今年に入ってからの死亡増加分

グラフを見て分かる通り、多い月は例年より1万人も死亡数が増えている。コロナが出始めてから約2年間のコロナ死亡のトータル数が1万8千人であるのに比べると、ひと月で1万人の増加はかなりの数であることが分かる。

いったいこれはなぜなのだろうか?

可能性として考えられるは、

  1. 高齢化に伴う死亡数の自然増
  2. 自殺の増加
  3. 感染対策などのおかげで免れた死亡のキャリーオーバー
  4. コロナによる病床逼迫で救われるはずの命が救われなかった
  5. ワクチン接種によるもの

などが考えられる。おそらく、これらのすべてが複合的に影響してのことだろう。

なお、これらの可能性を統計的に詳しく分析されている記事がこちらである。

超過死亡Q&A:死因別・都道府県別データからわかること

超過死亡Q&A:死因別・都道府県別データからわかること|新型コロナ騒動の情報サイト|note
これまで,厚労省の人口動態統計の速報に基づいて2021年の各月の超過死亡を算出し,その要因を分析してきました. 1-5月: 6月: 7月:

ただ、今現在わかっていることは「2021年に入ってからの日本人の総死亡数の増加」という事実であり、そのうちのどの死因が増えたか?などはまだ5月分までしかわかっていない。ワクチン接種が本格的に始まったのが春先からということを考えれば、この部分は今後のデータを待つしかないところだろう。

しかし、とにかく総死亡数の増加というところは疑いようのない事実であり、その意味で事態は深刻である。特に「ワクチン接種による死亡増」に関して言えば、接種しないという選択が出来る、明らかに防げるものだからだ。

では、ワクチンと死亡の関連は本当のところどこまできちんと調査されているのだろうか。

先日NHKでこんな番組が放送された。

99%が”評価不能” ワクチン副反応検証の課題 NHKクローズアップ現代+(2021年10月21日)

99%が評価不能 ワクチン副反応検証の課題 - NHK クローズアップ現代+
2021年10月21日(木)放送。新型コロナウイルスのワクチンを2回接種した人が、国民全体の7割近くになり、効果も見られるようになっている。その一方で「副反応」に対する不安の声があがっている。厚生労働省によると、「接種後に死亡」と報告された人は1100人を超えるが、99%が「情報不足などで因果関係を評価できない」とされ...

内容は大体以下のようなものだった。

新型コロナワクチンを接種後に死亡、と報告された人は1100人を超えるが、99%が「情報不足などで因果関係を評価できない」とされ、ワクチンによる副反応か否か判断できない状態となっている。多くの情報を得るために死後の解剖は重要だが、実際には多くのケースで解剖も実施されていない。しかし、たとえ解剖したとしても個別の死亡事例とワクチンの因果関係を証明するのは難しい。唯一の手段は「統計」を使って全体の死亡の中で〇〇という病名が増えている。という情報を掴むこと。そのためにアメリカの制度が参考になる。

とのこと。

しかし,よく考えてみたら「個別の事例で99%因果関係が判定できない」のであれば、国が再三主張していたワクチン被害の補償制度(健康被害救済制度)はほとんどのケースで適用されない、ということでもある。

もちろん、その人の死がワクチンによるものかどうか判定不能であるなら死因統計にも計上されないだろう。その場合、統計に表れてくるのはそれに伴って増えてくることが予想される「心筋炎」「脳血管障害」さらに「アナフィラキシーショック」などの死因だ。今後はそれらに注目してゆくことになるだろう。もっとも、そんな統計の話など、亡くなられてしまったご本人やご遺族の方々にはなんの慰めにもならないかもしれないが。

しかも、ここで議論されている1100例は「ワクチン接種後に死亡し、医師が報告した事例」である。周囲の医師に聞く限り、ワクチン接種後に死亡した症例でも「超高齢」や「基礎疾患」を理由にそのまま死亡診断するだけで、国に報告をしないことは多々あるようだ。そう考えると、これらの数字が実は氷山の一角である可能性すらあるのである。

国民の多くがすでに接種した新型コロナのワクチン。3回目の接種もすでに既定路線として進んで行く。更には5歳以上の小児へのワクチン接種も検討されようとしている。そんな現状の中、わかっていることは

「統計上2021年の死亡数は増えてしまっている」

 ということ。

また、

「ワクチン接種後に亡くなられた方々の死因がワクチンと関連があるのかどうか、がほとんど判定できていない」

という事実である。

この事実が今後どう変わっていくのか、そしてそれをどう評価するのか。国民一人ひとりがしっかり考えて、国民全員で議論してゆくことが求められるだろう。未来は誰のものでもない、僕らの手の中にあるのだから。