ヤザワ作戦決行中。みんなで伝説つくろうぜ! ‐ 岩崎聖侍

2011年03月21日 15:39

東日本大震災から10日間たち、世間はやっと少し冷静さを取り戻してきました。

しかし、前回の記事“東日本大震災で「ユーモア」が許されないこの緊張状態は危険”でも書いたとおり、私たち一般人ができることは、限られています。まだ、現地に行ってボランティア活動ができる状態ではないのです。もう少し、待ちましょう。


そんな状況のなか、先週の金曜日に居酒屋をやっている友人からメールをもらいました。そのメールには、「今、居酒屋は閑古鳥が鳴いているよ。お客さんが全然来ないんだ。だから、食材が余って捨てざるを得ない」と書いてありました。

私は驚きました。スーパーやコンビニでは食材がこんなに不足しているのに、居酒屋には捨てるほどたくさんあるのです!

それとともに、これはまずいと思いました。このままいけば、関東の外食産業は壊滅的な打撃を受けると思ったのです。そこで、どうにかして、もっと多くの人が外食をするようにならないだろうか、と考えました。

そして、「ヤシマ作戦」に続く新たな作戦、「ヤザワ作戦」を決行することにしたのです。

ヤザワ作戦とは、「普段より、ちょっと贅沢をして、日本経済をまわそう」とする作戦です。ヤザワはもちろん、ザプレミアムモルツのCMをやっている、永ちゃんこと、矢沢永吉さんからいただきました。

スーパーやコンビニでは、水やジュースは売れすぎて在庫がない状態ですが、ビールはまったく売れていません。居酒屋にも、ほとんどお客さんが入っていません。

これは、こんなときにお酒を飲むなんて、「不謹慎だ!」という他人の目が気になるからです。

しかし、何度でもいいますが、日本を復興させるためには、お金が必要なのです。

今は、まだ大震災後間もないので、たくさんの寄付が集まります。でも、復興は長期戦になります。時間が経つにつれて、間違いなく寄付の集まる額は減っていくでしょう。そうなると、その後は税収がすごく重要になります。

しかし、このまま多くの人が「不謹慎」を理由に経済活動を自粛すると、中小企業がバタバタと倒産していき、税収は増えるどころか減ってしまうのです。

中小零細企業の多くは、ストックしてある現金が少ないので、このような短期間でも、売上が止まってしまうと、倒産してしまいます。

中小企業白書によれば、日本の全企業数に占める中小企業の割合は99.7%です。そして、日本の全従業員数に占める中小企業従業員数の割合は、77.6%なのです。

これが次々に連鎖倒産していくことだけは避けなければいけません。

だから、私たちは、ヤザワ作戦を決行したのです。

金曜日から「やろう!」と宣言したヤザワ作戦ですが、すでに多くの人がTwitter上で決行してくれています。「焼き肉に行きました!」、「お寿司に行きました!」、「プレミアムモルツを買いました!」というツイートがたくさん来ています。それに対して、私が、「ナイスヤザワです!」とRTしていくのです。

ハッシュタグが#yazawaとなっており、多くの人が参加している様子を下記のリンクから見ることができます。

ヤザワ作戦のツイート

いつもは、発泡酒を買っている人が、今日は日本の経済のために、復興のためにザプレミアムモルツを買ってくれているのです。

また、矢沢永吉さんのエピソードも、ヤザワ作戦を援護してくれます。

矢沢さんは、ある地方でのコンサート前日に、スタッフから「矢沢さん、すみません。スイートルームのはずが、手違いでツインになってしまいました」と言われたのです。

矢沢さんは、「あぁ、そうなの。いいよ部屋がないわけじゃないんだから。俺はいいけど、ただ、YAZAWAが何て言うかな?」と言ったそうです(笑)

スタッフは、即、他のホテルのスウィートルームを手配したそうです。

これをヤザワ作戦にも使っていこうと思いました。

奥さんが発泡酒を買おうとしていたら、「俺はいいよ。でもYAZAWAは何て言うかな?それで日本復興できるの?」と言ってあげてください(笑)

また、仕事でも、取引先が「こんな状況ですし、自粛しましょう」と言ってきたら、「俺はいいよ。でもYAZAWAが何て言うかな?それで日本復興できるの?」と返してあげてください。そして、ちょっと贅沢した人、外食をした人、自粛を取りやめていつも通りビジネスをやってくれた人には、「ナイスヤザワです!」と言ってあげるのです。

このヤザワ作戦が、もっともっと広がれば、絶対に日本経済は復活します。この20年間、超頭のいい人たちが何をやってもうまくいかなかったのに、「ナイスヤザワです!」というアホみたいな合言葉一つで、日本経済が復活するのです。それはもう歴史の教科書に載る伝説ですよ。

そう、「みんなで伝説つくりませんか?」と、誘っているのです。

もちろん、ヤザワ作戦は、ハードワークがセットです。ただお金を使うだけでは、いずれ破綻してしまいます。必死に働いて、たくさん使う。これがヤザワ作戦です。

被災地の人の分まで、働いて使いましょう!

そして、使った人には、「ナイスヤザワです!」と声をかけてあげてください。

(岩崎聖侍 株式会社FreeLifeコンサルティング 代表/ストーリー戦略の専門家)

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑