シンポジウム「大震災と情報通信:果たした役割と未来」

2011年07月15日 07:01

 3月11日、東日本大震災は未曽有の被害をもたらしました。その際、被災者に対する、また広く国民一般への、あるいは世界に向けての情報受発信に、情報通信技術は大きな役割を果たしました。しかし同時に、多くの課題も表面化しました。
 本シンポジウムでは、大震災の際に情報通信が果たした役割と課題、そして未来への展望について、それぞれの分野の専門家にお話しいただき、考えます。

月日:7月28日木曜日
場所:アルカディア市ヶ谷(私学会館)


内容:
13時25分開会のあいさつ(ICPF理事長 山田肇)
13時30分「人工衛星の果たした役割と未来」
辻野照久(宇宙航空研究開発機構)
14時05分「ネットの果たした役割と未来」
市口恒雄(科学技術政策研究所)
14時40分「ウェブの果たした役割と未来」
山田肇(東洋大学)
15時15分休憩
15時30分「スマートグリッドの標準化と普及」
経済産業省産業技術環境局基準認証政策課
16時05分「情報通信審議会ICT利活用戦略ワーキンググループの提言」
村上輝康(野村総合研究所)
16時40分閉会
参加費:3000円(ただしICPF会員と電子行政研究会会員は無料です)
参加お申し込み:ICPFサイトよりフォームを用いてお申し込みください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑