【再掲】安冨歩は福島県民を「大量殺人者」と呼んだ早川由紀夫の仲間

2019年06月28日 12:00

これは2012年1月22日の記事ですが、安冨歩が「れいわ新選組」から参議院選挙に出馬を表明したので再掲します。この記事のあと早川は「放射能バイアスがあった」と反省を表明しましたが、安冨は反省も謝罪もしていません。

災害の被害というのは普通はサンクコスト(定数)なので、それをいくら考えても変えることはできないのだが、福島事故の直接的な被害はほとんどなく、二次災害の大部分は国の線量基準に依存する変数だから、今からでもそれを最小化できる。線量基準の過剰規制を見直して、被災者の帰宅を促進すべきだ。

他方、二次災害を最大化するのが早川由紀夫のような被害妄想である。

福島農民がいっせいに田んぼを耕した時点で、日本国に対して戦争を仕掛けたと私は判断した。無知とかやむを得ずとかは関係ない。殺意があったと解する。

毒米を売りさばいて大量殺人ねらいなんですか。それは犯罪ですよ。

責任一切持たない。一銭も補償しない。だから避難しろと口が裂けても言ってない。

彼も一応、「私は避難しろとは言ってないのだから二次災害には責任を負わない」という逃げ道を用意しているようだが、国の暫定基準を満たしている福島の農産物を毒物よばわりすることは明白な偽計業務妨害罪である。

暫定規制値(野菜の場合セシウム137が500Bq/kg)は実効線量係数(1.3×10-8)をかけると6.5μSv/kgだから、人体に危険とされる100mSvの放射線を浴びるには1年に15t食わなければならない。さらに先日のニコ生でも批判されていたように、農水省は4月から規制値を100Bq/kgに引き下げる。これによって救済されるのは、1年間に野菜だけで75t以上食う人だけである。

出馬記者会見に臨む安冨氏(れいわ新選組公式ブログより:編集部)

ところがメディアも、こうした過剰防衛を批判しない。直接的な「安心」のメリットは明らかだが、出荷停止で生じる補償金のコストは薄く広く納税者が負担するからだ。そして早川や安富歩のような「危険厨」は、放射能の影響を誇大にいいつのることが「正義」だと信じている。安冨は次のように彼を賞賛している。

早川さんのツイッターはしばらく前に分析して、深い思想と戦略とが込められた発言で、欺瞞でも扇動でもないことを確認しています。

早川と安冨の論理は同じである。彼らが「危険だ」という科学的根拠は何もないのだが、まさに根拠がないことが不安をあおる材料なのだ。

何もわからないのだから危険だということもわからないはずだが、安冨はなぜか危険だということだけはわかると主張する。その根拠は「私は危険だと思う」という宗教的信念だけだ。彼らこそ二次災害を拡大し、多くの福島県民を傷つけ、損害を与えた犯罪者である。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
池田 信夫
アゴラ研究所所長 学術博士(慶應義塾大学)

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑