維新の「堺市長選敗戦」は、日本と維新への「大祝砲」!

2013年09月30日 12:09

橋下市長が、今回の堺市長選での敗北を受けた記者会見で「維新の役職を辞しない」ことを表明した事は、政治的なトラブルが起きる度に辞任をほのめかせて来た橋下市長の成長として喜びたい。

当選した竹山氏は前回の選挙で自ら掲げて当選した「大阪都構想」を、今回は「反対一色」に衣替えした上に、前回は敵であった自民、民主、共産と組んで勝利した。

これでは「反と恨」を国是とする韓国の常套手段である「反日」の為なら悪魔とも手を組む「韓流」の政治手法を、日本に導入した張本人と言われても仕方あるまい。


フィクションンならいざ知らず、アンチテーゼで将来の問題は解決出来ない事は歴史が証明しているが、堺市長が誰になろうが堺市がなくなろうが、日本にとってはどうでも良い些細な問題である。

とは言え、橋下市長に「NO」を突きつけた堺市民の審判結果を、維新が頂門の一針と受け取り「結党の原点に戻る」努力を始めれば、堺市民の警告は維新のみならず日本の将来への大祝砲となる可能性は大きい。

私は、マスコミの様に今回の選挙結果は維新の目指す「統治制度の改革」の否定ではなく、国政進出決定後の維新の行動に対する厳しい批判であると受け止めている。

その筆頭は「組んだ相手の質の悪さ」である。

「口汚くてお人好しの人」には、人を信じやすく騙され易い特徴があるが、橋下氏もその例外ではない。
橋下氏のもう一つの弱点である「カリスマ」や「オーラ」に対する極端な憧れは、彼が政治家として初めて小沢一郎氏や石原慎太郎氏とと面会した時の極度な興奮にはっきりと出ている。

当時の橋下氏は、石原氏が「都構想」の「名前が気に食わない」と最初に反対した人物であった事も忘れ、小沢氏が僅かな期間に社民党顔負けの左翼主義者に変心する事も想像出来ずに、両氏のどちらかと組みたいと思っていた程のお人良しでもあった。

今回の選挙でも「現憲法は連合国軍総司令部の押し付け」などと言う石原持論に、聴衆から「市長選の話を聞きに来たんや」と批判されると「大事な話をしているんだ。失礼なやつだ。前に出てこい」とヤクザ言葉で怒鳴りつけるなど、反対論者を説得できる知性も知識も無い政治家に統治機構の改革を語れる筈もない。

政治家には珍しい一貫性の持ち主であった橋下氏が、「石原共同代表と、考え方が180度違うところはたくさんある。維新内は一枚岩ではない」とか「政策や意見の一致も重要だが、少しでも考え方が合わないと政党からほうり出すような懐の狭いことをやっていては政治なんてできない」等と言い訳じみた事を言い出したのも「太陽の党」と組んでからである。

これでは、「共産党と自民党が手を組むのがどれだけおかしいことか」と竹田氏を批判しても通じない。

石原氏に橋下氏の最大の政治的な武器であるツイッターをはじめとするSNSを含む口コミ、所謂「バイラル・マーケティング」の使用を止めろと間違った勧告をしたのも石原氏なら、橋下氏が「従軍慰安婦」などのわき道にそれたのも石原氏の影響で、挙句の果てにこの発言の旗色が悪くなると石原氏に「大迷惑だ」梯子を外されながら、謝罪する様な橋下市長には平松候補と大阪市長を争った時の爽やかさは失せていた。

「維新の会」はいつの間にか、統治機構改革政党から、国民を「黙れ」と怒鳴りつける戦前右翼政党に変節しつつある。

知性も知識もなく、怒鳴る事は出来ても討論の出来ない政治ゴロに尾を振る橋下像が確定した時に維新は消える。

橋下氏が心底から「野合はだめだ」と思うなら、改革と言う未来を忘れ、回帰と言う過去しか見えない石原グループと今こそはっきり分かれるべきだ。

石原一派と分かれるにしても、老齢を理由に石原氏が辞めるのでは意味が無く、橋下氏が三行半を下して初めて意義がある。

維新に大事な事は、今の「党内の政策的な齟齬はあっても、党運営には問題がない」事を重視する党運営を排し、先ず「党内の政策的な齟齬を無くす事」から始めるべきである。

私の見た処、人を見る目では松井知事の方が遙かに高く、良い意味での人も悪さも含めて、今後の人事や政治家同士の連合ではもっともっと松井氏の意見を重用する必要があろう。

「太陽の党」と一緒になってからの「維新の会」には、国民を期待させる事は何一つ起きていない事を見れば、旧「太陽の党」と袂を分かち、日本の統治機構の改革に焦点を絞り直す事の重要性は明々白々である。

幸か不幸か自民党の安定で政界再編の時間は充分取れる事になリ、維新中心の政界再編も充分可能な時期を迎えた。

若し、堺市の市長選敗戦と言う「些事」を契機に、維新の会の「捲土重来」の努力が始まるのであれば、堺と言う地方都市が「疾風が土を巻き上げで、日本全土を重ねて立ち上がらせた」偉大な都市として将来認識されるに違いない。

これが、堺市民が維新に与えた教訓への「維新の会」が出来る唯一の返礼である。

2013年9月30日
北村隆司

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑