我々はなぜヘビ様の物体に驚くのか

2013年11月01日 17:38

オモチャのゴム製のヘビに驚いた人は多いんじゃないかと思います。何かニョロニョロと細長いものがいきなり出てくるだけで、ほとんどの人はビックリして飛びすさります。これは別にヘビに似せていなくても、単なるヒモのようなものでも効果的。どうやら我々の情動反応には、柔らかくて細長い物体に極度に反応する「回路」のようなものが備わっているようです。


この反応が「先天的」なものか、それとも「後天的」なものか、あまりハッキリとわかっていませんでした。進化の過程のどこかで我々の遺伝子の中に細長いものに警戒する機能が埋め込まれたのか、それとも個々人が生まれ落ちてからヘビのような細長いものに気をつけなければならない体験や学習、教育があったのか、そのどちらかでしょう。

爬虫類好きの人も中にはいますが、実際ほとんどの人間はヘビを怖がります。人間の祖先は、サルのように森林で暮らしていました。サルにとって最も危険な天敵は、ヒョウなどの木登りの得意なネコ科の肉食獣か、ワシなどの大型猛禽類、そしてヘビ。今でもファッションにヒョウ柄や爬虫類柄が使われ、特に気になる柄なのも祖先の記憶が影響してるんでしょうか。

これについては、有名な実験があります。研究室で生まれ育ったアカゲザルは、一度もヘビを見たことがないのでヘビを怖がりません。つまり、アカゲザルについて言えば、ヘビを怖がるのは後天的な「回路」ということでしょうか。ことはそう簡単ではなさそうです。米国ウィスコンシン大学とノースウェスタン大学の研究者は、そうしたアカゲザル6頭に、野生のアカゲザルが実際にヘビを怖がっている様子を録画したビデオを見せました。そうすると、最初はヘビを怖がっていなかった6頭も、ビデオの中の野生サルと同じようにヘビを怖がるようになったそうです。

さらにこの実験では、同じビデオを画像編集し、ヘビを、それぞれ作り物のヘビ、ワニ、ウサギ、花と入れ替え、研究室育ちのアカゲザルたちに見せました。しかし、ビデオ内の野生のアカゲザルから学習して怖がるようになったのはヘビとワニだけで、ウサギや花を怖がることはなかったらしい。アカゲザルには、先天的にヘビやワニに対する反応があり、野生の仲間の反応でそれが目覚めたのかもしれません。

こうした危険を喚起するジャンルに、ウサギや花は入っていないのではないんでしょうか。特定の相手、つまりヘビに対する遺伝的な特定の回路があるのではなく、ヘビやワニ的な相手に対するあらかじめ備わった情動のおおざっぱなベースがあり、未体験のものにも怖がるという反応が呼び起こされるようにできているのかもしれません。

恐怖の情動が先天的かどうかについては、最近でも同じような実験が行われています。サルや人間の赤ちゃんに、ヘビを含んださまざまな生物の絵を見せたんだが、ヘビに対する反応が最も速かった、という京都大学霊長類研究所の実験です。ヘビを見たことのない3歳児20人と4歳児34人、そしてヘビを知っている大人20人それぞれに9枚の写真から1枚を選んでもらったそうです。

たとえば、花の写真8枚の中にヘビの写真1枚が混じったもの、ヘビの写真8枚の中に花の写真1枚が混じったものを見せ、それぞれのヘビと花の写真を選ぶ時間を計測した、というわけです。このほか、ヘビの代わりにクモやムカデ、細長いホース状の写真が混じったものでもやってみた。すると、ほかの写真では選ぶ時間に差がなかったのに、ヘビを選ぶ場合は幼児も大人もほんの少しだけ速かったんです。

つまり、ヘビを怖がるというよりヘビに対する反応が速いわけで、ヘビへの恐怖を学習したアカゲザルの実験を裏付けるものじゃないでしょうか。ニホンザルを使った実験でもヘビを見たことのないサルが、人間と同じようにヘビへの反応が速かったそうです。さらに、毒蛇のマムシと無害なシマヘビの違いの区別さえもできるらしい。

また、人間の場合、誰かが怖がっている顔をすると扁桃体が活発に働きます。ポーランドの社会科学人文大学の研究者によれば、これは無意識に働く機能で、危険信号を直感的に判断する回路だと考えられている。つまり、私たちの脳は、おおざっぱな情報と詳細な情報の両方を処理し、適切な反応を起こすようにできているというわけです。表題の論文も同じようにヘビの画像に反応する脳細胞がある、というもの。我々がヘビを怖がったり、細長くてニョロニョロしたものに驚くのは、この細胞が反応しているからかもしれません。

PNAS
Pulvinar neurons reveal neurobiological evidence of past selection for rapid detection of snakes


サムスン涙目 購入者の30%が返品したスマートウォッチ「Galaxy Gear」は大失敗
I believe in technology
上がったり下がったりの忙しい株価のサムスンは、ここんところ業績好調のようでご同慶の至りです。しかし、モノ作りは相変わらずの低レベルらしい。この記事によると、こないだ出したスマートウォッチ「Galaxy Gear」の評価がダダ下がりで大変、とのこと。だから「腕時計型ガジェット」は受け入れられない、とあれほどみんなが言ってたのに。値段が高いわりに残念な作りで、こんな企業の製品がどうしてシェアを拡大してるのか、悪貨は良貨を駆逐する好例なんでしょうか。

生ゴミの多い家におすすめ!運転音が静かな温風乾燥型生ごみ処理機「パリパリキューブ」
Sallyの家電研究室
気温が下がってくるとそうでもないんだが、夏の時期の生ゴミは嫌ですな。うちの自治体の場合、本来なら週2回の生ゴミ回収が、夏期には週3回になります。でも、うっかり出し忘れると、もうベランダへ出しとかないと家中が生ゴミ臭くなっちまう。このブログで紹介されているのが生ゴミ処理機。これは何気に面倒臭いです。家庭菜園なんかをやってるたら別なんだろうが、いつの間にか使わなくなってしまう、という感じでしょうか。乾燥させて生ゴミを生でなくし、臭いや量を減らして捨てる、という簡単な機能なのにあまり一般的にならない家電です。このブログでも「改良の余地あり」と書いているように、このジャンル、まだまだ進出余地がありそうです。

コツがわかって、面接受かるようになった話
レールを外れてもまだ生きる – 派遣OLブログ
ようするに「スキル」じゃダメ、ということです。大事なのは「感謝」の気持ち。面接相手に好かれたいなら、まず心の中で「感謝」しなさいな。そこが第一関門で、こちらの気持ちが相手へ伝わってから、自分のことを「好ましく」感じてもらえるために、ナニをするか。このブログでは、面接という短くても楽しい時間をかもしだす、こいつと一緒に仕事したいな、という気持ちにさせる、と書いています。とはいえ、派遣さんは、一方的に契約を切られたり、定期的に仕切り直しでまったく新しい会社の面接を受けたりしなきゃなりません。自分で選んだ道とはいえ、これは精神的にも大変そうです。

ECはもうスマホの時代。楽天もZOZOも売上げの4割へ
スマートフォンECラボ
流れとしては順当な方向へ進んでるわけです。ガラケーなど、以前の携帯端末は買い物するには画像も悪く通信速度も遅かった。ゲームやったり、ヤフオクなんかでちょこちょこ取引してる分には良かったんだが、本格的なECでセキュリティなども兼ね備えた機能では不安がありました。スマホの性能向上で、ようやくネットで買い物が一般的になってきた、というわけなんだが、これでますます小売店は難しくなっていきます。


アゴラ編集部:石田 雅彦


アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑