ついにオバマ大統領が慰安婦問題に巻き込まれたようなんだが --- うさみ のりや

2014年04月27日 22:42

オバマ大統領が米韓首脳会談で従軍慰安婦に問題に巻き込まれたようなので、米韓首脳会談後の記者会見の流れと発言をまとめてみました。

朴大統領に対する記者質問と回答

まず朴大統領が記者から以下の質問を受けたところから話は始まります。

朴大統領に対する記者質問:~ Madam President, given that South Korea and Japan have important shared security interests in the region, what, if anything, can your government do to get past this ritual of bitter dispute over Japan’s World War II militarist past?

要約としては「韓国と日本はこの地域の重要な安全保障上の利益を共有していますよね、そこで聞きたいのですが、韓国政府としては第二次世界大戦時の日本の軍国主義者を巡る激しい論争を解決するために何ができますか?」といったところ、朴大統領はこれに対して以下のように答える。

朴大統領発言: ~ I think what is most important is that we go back to the pledges made by Prime Minister Abe and their truthful actions be implemented from the Japan side. That is very important. And for the comfort women issue, for the Korean victims, at the director general level at the Foreign Ministry there will be further consultations. We hope that there will be talks carried out at that director general meeting and that there will be truthfulness displayed by the Japanese side so that we can carry on the momentum for cooperation. And if we’re not able to achieve much progress as we anticipated at that moment, we won’t be able to carry on, to make progress from the momentum that we were able to realize at that time. ~However important the coordinated efforts will be between our three countries, I think efforts should be exerted by all the parties concerned. And progress cannot be achieved by efforts of a single party. And, therefore, in this regard, I really look forward to efforts made by the Japanese side.

だいたいの要約としては「安倍首相は2つの談話(村山談話、河野談話)を継承したのだから、日本側から戦後補償を具体的に実行するための真摯な行動に出る必要がある。そのための外務省の局長級協議の場は用意する。(我々から何か取り組むというよりは)日本側の提案が先にあるべきだ。ただ大事なことはこの問題は一カ国では解決できないので、日米韓の三か国で解決に向けて努力が図られることだと思う」とのこと。これで朴大統領としては慰安婦問題にアメリカを巻き込むことを試みる。これを受けて記者がオバマ大統領に質問。

PN2013050801001048.-.-.CI0003朴オバマ

巻き込まれたオバマ大統領とその発言

オバマ大統領に対する記者質問:~ I’d like to talk about the conflicts going on in Northeast Asia. Korea, Japan and China are the three countries in Northeast Asia engaged in close political cooperation relative to their historical territorial disputes. How do you foster a friendly atmosphere for cooperation? What can the United States do? And in regards to Prime Minister Abe’s statement at the press conference yesterday, he has made statements justifying the visit to Yasukuni Shrine by Japanese political leaders. I’d like to hear your views over the historical views held by Japanese politicians.

意味としてはだいたい「韓日中の三か国間には領土について政治的緊張関係にある。米国としては、どのようにこの地域に友好的な環境を醸成していくのか?それに関連して安倍首相が昨日の記者会見で日本の政治指導者による靖国神社への訪問を正当化する発言を行っている。日本の政治家の歴史認識に関してあなたの意見を聞きたい。」と言ったところ。ついに靖国問題まで絡んでくる。これに対するオバマ大統領の返答はこちら

オバマ大統領:~with respect to the historical tensions between South Korea and Japan, I think that any of us who look back on the history of what happened to the comfort women here in South Korea,for example, have to recognize that this was a terrible, egregious violation of human rights. Those women were violated in ways that, even in the midst of war, was shocking.And they deserve to be heard; they deserve to be respected; and there should be an accurate and clear account of what happened.

I think Prime Minister Abe recognizes, and certainly the Japanese people recognize, that the past is something that has to be recognized.honestly and fairly. But I also think that it is in the interest of both Japan and the Korean people to look forward as well as backwards and to find ways in which the heartache and the pain of the past can be resolved, because, as has been said before, the interests today of the Korean and Japanese people so clearly converge. They’re both democracies. You both have thriving free markets. Both are cornerstones of a booming economic region. Both are strong allies and friends of the United States. And so when you think about the young people of the Republic of Korea and Japan, my hope would be that we can honestly resolve some of these past tensions, but also keep our eye on the future and the possibilities of peace and prosperity for all people.

こちらが報道されているは重要な発言なので全訳をこちらから引用します。(have toのニュアンスなどちょっと加工)

「韓国と日本の歴史問題に関しては、 たとえば韓国の慰安婦に何が起きたかに関する歴史を振り返る者は皆, これがおぞましい, 言語道断の人権侵害であったと認識せざるを得ないだろう。 これらの女性は, 戦時という状況をふまえてなお衝撃的な方法で蹂躙された. 彼女たちの声に耳を傾け, 彼女たちを尊重すべきだ. そして, 起きたことに関する正確で明快な弁明がなければならない。

過去は誠実かつ公正に認識しなければならないものだということを, おそらく安倍首相はわかっているし, 日本国民は確実にわかっていると思う. 一方, 日韓双方の人々は, 過去と同様に未来にも目を向け, 過去の苦痛を解決する方法を探ることに関心を持っていると思う. なぜなら, 先に述べたように, 韓国と日本の人々の今日の利害は一致しているからだ. これらはいずれも民主主義国で, 自由市場を育てており, 経済発展している地域の要で, 米国の強い同盟国で友人だ. そして, 韓国および日本の若い人々のことを考えれば, 我々は誠実に過去の緊張を解決しつつ, 未来と, すべての人々のための平和と繁栄の可能性に目を向けることができるという希望を持っている. 」

まとめ

会見の流れとしては、

①朴大統領が「日本側から慰安婦問題の解決に関して韓国に提案してくるべきだ。韓国はそれを受ける準備がある。そしてこの問題は日米間の三か国で解決すべき問題だ。」と主張、

②これに対してオバマ大統領が「確かに日本がしたことはひどかったと思うけど、それはおいといて同じ米国の同盟国同士仲良くしてくれよ」とアメリカは慰安婦問題に理解を示しつつも、この問題にコミットしないことをさりげなくアピール。

というものだったようです。あまり私見を入れる気はなかったのですが、さすがに慰安婦問題を三か国で協議するとか言う発想は無かったわ~。スゴい提案するな~、と朴大統領の空気読めなさに妙に感心。オバマ大統領の発言はこれを体よく断るリップサービスだったのでしょう。全ては文脈を見ないとね。

ではでは今回はこの辺で。


編集部より:このブログは「うさみのりやのブログ」2014年4月27日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方はうさみのりやのブログをご覧ください。


アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑